タロットカードと断捨離の不思議な関係


「はじめないと終わらない」のか?「終わらせないとはじまらない」のか?

断捨離が流行っています

ほんとうの意味で断捨離している人もたくさんいますが

中には こんなパターンがあります

「何かを終わらせたり 始めたりするのは たいへんだから

正面から挌闘するのは避けて 掃除をすることに逃げる」

こんな断捨離は なんの効果もありません

いえ、家がきれいになることだけは間違いないですね

 

断捨離は分かりやすく言うとこういうことです

自分という池がある

その池にはいくつもの水路から水が流れて来ている

でも今貯まっている水が満々とたまっていて

それがそのままだと

新たな水が流れてこない 

いったん抜いたり あるいは外に向かっても流れるように

水路を作ってやると

水が無くなった分だけ

新たな水が入ってくる

 

つまり

 

何かをはじめたいとき

その前に

今を終わらせることで

はじまりを誘発する

新しい水が入ってくるには

古い水をいったん抜かないといけないということです

 

それが断捨離ですね

そして終わらせるための行為が掃除なのです

 

 

今のあなたに必要な断捨離はなにか?タロットでわかります

タロットカードは78枚あって

78通りもの意味があるので

あなたが何かを始めるときに

どんな断捨離をすればいいのかがわかります

 

 

 

 


タロット占いで 終わらせる カードはたくさんあります

タロットカードにはたくさんの意味があるので

終わらせるカードもたくさんありますが

ここでは2つご紹介します

聖杯の8

これは今まで緻密に積み上げてきたものをすべて捨てて

新たな高みに上っていくといカードです

剣の6

これは波風の立つこちら側から

無風地帯の穏やかな向こう岸に立ち去るという意味です

 

こんなふうに何かをスタートさせるのではなくて

何かを終わらせる意味を持つタロットカードがあるのです


再確認|終わらせると 自然に始まる 断捨離の極意

 

普通私たちは 何かをスタートさせることには目を向けますが

何かを終わらせることには焦点を当てません

もし意識的に自分の中で何かを終わらせれば

自動的に新しい旅が始まるのですが

なかなかそうはしません

 

何かを終わらせるというのは

ブラックホールのようなもので

そこにあったものがなくなります

すると周囲にあったものが

流れるように中心に向かって来ます

新しいことが自然にはじまらざるを得ないわけです

 

このあたりの仕組みを一言で表したものが

断捨離 ということになります

 

捨てることから始まる

剣の6と聖杯の8はその一端を示します

 


終わらせることが不安な人はコーチングがサポートします

タロット占いで

何かを終わらせるということが強くでたとき

それが何についてのことなのか

ずばりわかります

会社を辞める 離婚する 恋人と別れる 実家から出ていく

いろいろあると思います

 

こうした終わらせる行為というのは

怖いものですね

大きなエネルギーも必要です

 

 

終わったあと

きっとどうしていいかわからなくなる

そういう人もいます

 

断捨離のあとを

具体的に考えていない人が実はたくさんいるのです

 

そういう現実世界のサポートとしてコーチングが力を発揮します

 

参考:タロットコーチング

   コーチングってそもそも何?