【心を癒す秘儀】レムリアンヒーリングを徹底解説

レムリアンヒーリングという言葉を聞いたことがありますか?

ヒーリングの一種で深い癒しをもたらすものです。

レムリアンヒーリングは人類文明始原の場所、

レムリア世界をイメージすることからはじまります。

レムリアンヒーリングはあなたの魂がレムリア時代を思い出すことで起きる癒しの作用とも言えます。

レムリアンヒーリングは

レムリア時代という神々の世界のエネルギーやパワーを使ったヒーリングということになります。 

レムリア世界とは何か?

レムリアンヒーリングの発想のもとは

神智学協会創設者の1人、ブラヴァツキー夫人によって

1888年に刊行された著書『シークレット・ドクトリン』において登場したもので、

その本ではレムリア世界はインド洋ではなく太平洋にあると唱えられていました。

レムリア世界という観点でみると 

ムーもアトランティスも実はすべてレムリアだったのです。

だからレムリアのエネルギーは 日本やハワイやオーストラリアや北米大陸の沿岸などに特に多いと言われます。

レムリアンヒーリングが効果を発揮するのは 主にこれら太平洋の世界なのです。

 

 地質学的にはその存在は限りなくゼロですが、それは置いときます。

なぜなら

キリスト教の根幹は天にいる天地創造の神の存在と死後3日で生き返ったキリストの話ですが、

それをそのまま信じている人はいないでしょう。

しかし神もキリストも信仰の対象として無数の人を救って来ました。

なので

レムリア世界の存在も事実かどうではなくて

スピリットの中で感じられれば大丈夫なのです。

レムリア世界というのは、失われた大陸にあった古代文明ではなくて

かつて地球にあったはずの始原の愛の世界だと言えるでしょう。 

 

シークレット・ドクトリン』という本がきっかけで

多くの人が自分の霊感も加えていき 

やがてレムリア世界の全体像が共有されていくのです

そうして出来上がったレムリア年代記によると

レムリア時代は450万年前からレムリア大陸が沈む12000年前までとなっています

そして レムリア世界は 5次元の世界にあった

レムリア大陸は5次元に存在したから

3次元の証拠は地質調査では見つからないということになります

 

 5次元世界であるレムリア時代には人は肉体を持たなかったと言います。

沈んだ時に3次元世界のあちこち散らばった人々がいたので

 

今も地球上のあちこちでそのライトボディのエネルギーは漂っていると言います。

そしてわたしたちの魂は、その根源を5次元ライトボディに持っているので、 

 

わたしたちはみんなレムリアに存在したライトボディという魂が入った存在と言えます。

なので

レムリアンヒーリングは、このレムリア時代を思い出すプロセスであり

レムリア世界を思い出すことは、つまりライトボディである自分を自覚することになるのです。

  

ではどうやってレムリア世界を思い出していくのでしょうか?

レムリアンヒーリングができるまで

愛のエネルギーを放射するレムリアンヒーリング

レムリアンゾーンへの扉

レムリアワールドという言い方はわたしは好みません。

わたしはレムリアゾーンと呼んでいます。

それは誰でもいつでも行けるゾーンであり

かつてあった世界ではないからです。

 

レムリア時代を思い出す方法は単に目を閉じて

浮かんでくるものを見ればそれがレムリアゾーンです。

そんなに簡単なの?

と思うかもしれませんが実はむずかしいのです

なぜなら靄や霧がかかるからです。

それに目を閉じて浮かんでくるものを素直に見つめる能力が

私たちにはなくなっています。

なのでいきなり自力では難しいので

マスターのサポートを受けたり

練習したり

 

していけば レムリアゾーンへの扉は開きます

レムリアンゾーンの中の心と魂

レムリアゾーンでは

知性や理屈や論理よりも ハートが主体です。

 

これはまるで間脳にいるとき大脳にいるよりも意識状態が高くなるのと同じですね。

ハートが喜ばないときって 

嫌なことや気になること、大脳の理屈がネガティブを作り、それがハートの住む間脳を毒しているのです。

間脳への大脳から毒を断ち切ればハートは光ります

レムリアゾーンでは

行動の目的が私利私欲や自分を守るためのものではなくて

愛の体験のためでした

そしてハートが喜ぶことをするために知性がありました

知性が進むためにハートを捻じ曲げられることはありません


レムリアゾーンでは

常に自分とつながる全体のために祈っていました

レムリアゾーンでの存在たち

いまどきの言葉で言えばレムリア人たちは

魂のことを考えていつも生きていました。

そして他の人の魂のことも考えていました。

世界は魂と魂の織り成すハーモニーであり、

魂とのつながりがチューニングできないと不協和音がハートを毒するので、

ハーモニーを考えて歌っていたといいます

レムリア時代の自分を取り戻す方法

こんなレムリア時代の自分の魂を取り戻すには

目を閉じて浮かんでくるものを見るサードアイを取り戻すことです。

練習すればだれでも取り戻しますし

レッスンで導けば加速します

 

最初は素直に何も考えずに目を閉じて思い出すことをそのまま語るのです。

何かが必ず見えるので。

でも、最初はそれを録音しておくといいでしょう。

見ている最中は自意識がついていけないので語ることで精いっぱいで全体として

自分が何を言ってるか覚えてませんし認識できません。

そこで録音しておいてあとで聞くのです。すると

秘められた叡智に触れます。

一回につき1分程度で十分です。毎日練習すれば、1か月もたてば

レムリアンゾーンとあなたの精神に大きなパイプが出来上がります。 

それとともに

サードアイを取り戻す練習もしましょう。

深呼吸、筋肉の力を抜く、額の涼感を感じる

などを意識して行っていると静かな気分で目を閉じるだけで

光が見えてきます

これは瞼の裏に実際に見えるのです

丹光とも呼ばれますが

それはレムリアンゾーンからの灯だと言ってもいいでしょう。

その光を静かにいつまでも眺めることもレムリア時代に自分を取り戻す道です。

こうなると

知りたいことの答えがレムリアンゾーンからやってきます

~今わたしはどうすればいいですか?~

と光に尋ねて

浮かんでくる映像を録音しましょう。

あとで聞き返したときにあなたは答えを聞くことになるでしょう。

レムリアンゾーンの言葉はイメージなので

そのままでは今のこの世でそれがどういう意味かわかりにくいのです

イメージを言葉に置き換えてあとで聞き返すことで

 

正しい解釈ができるのです。

レムリア社会全体を思い出す

自分がレムリアンゾーンでどんな風にハートと愛で生きていたかを思い出すことが
その入り口ですが
最終的には
そんな自分を軸に
レムリア社会全体の記憶を呼び起こすことにあります。
自分以外の他人もレムリアンゾーンで暮らしていたわけですから
個人としての在り方も素晴らしいけど
そんな人たちが作り上げる社会全体はもっと素晴らしいのですね。

なので自分の心の領域をさらに踏み越え社会全体を思い出していくのです 

イメージストリーミングによってレムリア社会を描いてみましょう

 

イメージストリーミングによって

レムリアンゾーンの社会はどうだったか?

と聞いて浮かんでくるものを録音したら

そこに答えがあるのです。

それとともに身体全体でその社会を感じることもできます。 

レムリア社会の全体像をイメージできるように在り方を知る

ただイメージストリーミングをする前に基礎知識を頭に入れること。

神々とダイレクトにつながっている

啓示やシンボルではなくて

直接心に神々が入って来る

だから愛の神殿も癒しの神殿も希望の神殿も祝福の神殿も

数々の神殿が見えてくると

それらの神殿から直接神々が心に入り込んでくるのがわかるのです。

そして神官や巫女たちが
介添えもしてくれます。神殿に行く都度
神官や神々があなたのために神々を呼んでくれる
そして最初は言葉だけ 最初は映像だけであったものが
やがてその神気のようなものが入り込んでくるわけです。
 
そして
音楽
絵画
彫刻
自然

詩歌

など芸術性の高い社会で
スピリチュアルな能力の高い人々の集まりで

 

 

社会は
愛と祝福に満ちていました
 
そしてこれらのレムリア社会ではクリスタルの役割が大きく
神殿はクリスタルでできていて
またあらゆる社会の記録はクリスタルに埋め込まれていました
そんなレムリアの記録のはいったクリスタル「レムリアンシード」と呼び
クリスタルの中の記録をレムリアンリッジといいます。
実はこのクリスタル、レムリアンシードはすべての人の心の奥底にあり
なので人の心に働き刈ればレムリアンリッジの解読が自動的にはじまり
レムリアの記録記憶が解放されていくということになります。
心の中の良きものの源泉としてのレムリア社会
心の中で
こうありたい
世の中もこうあってほしい
そんな愛を基盤にした思いは
レムリアンリッジの働きかけかもしれません
レムリアの記憶が解放されればされるほど
あなたの中には愛とエネルギーが満ちていきます。
その記憶には触れるために
イメージストリーミングは最適な方法です
はっきりと映画のようにやがて視覚も取り戻せますが
最初は暗号を読み解くような作業です
 
レムリアの記憶
つぶやき目を閉じます
そして浮かんでくるものを録音します
そしてそれをあとで聞きます
そこに流れる自分の音声がレムリア時代のことを語っています

まとめ

レムリアは

愛と調和のエネルギーに満ちた古代の高度な精神文明でした。
高度な技術、スピリチュアルな能力、クリスタルのエネルギー、
それらで社会は運営され
自然と調和する精神、多種多様な生命のすべてのあり方を尊重する社会。
そのような平和な文明でした。
 
レムリアンヒーリングはそんな理想にあなたの心をチューニングさせるのです。
あらゆる良きものの源泉はレムリアである
そこから愛や希望や癒しが今のあなたの心に注ぎ続けられているのです。
 
そんなレムリア世界のレムリアンリッジの解読作業が
イメージリーディングなのです