瞼の裏で見える万華鏡模様は魂からのメッセージ?|不思議な模様はどこから来るのか?

今回は瞼の裏の万華鏡模様について考えたいと思います。
ググると 
瞼の裏に模様を見た人たちがたくさんいます。
かくいう私もその一人。
たいていの人は風邪の時とか熱が出たとか
体調不良の時に見るだけとか
子ども時代にみただけとかですが
私の場合は
まず子供時代は毎日見ていました
それからずっと見なかったものが
2年ほど前から見えだして
今では強く目を閉じたり
瞼を強く押すと見えます
つまり今では自分の意思でいつでも見ることができます。
これってなんだろう?
と当然思うわけです。

 

そこでこの現象をググってみるといろんな記事があったので以下抜粋です
 

original.jpg

 

様々な説

 
目を閉じたときに見える模様って?コンタクトのアイシティのブログより

布団に入って目を閉じたとき、不思議な模様がまぶたの裏に浮かび上がってきたことはありませんか?  この現象は、はっきりと解明されていないため、あくまで憶測なのですが、いくつか理由が考えられています。

ひとつは、まぶたの裏の毛細血管や、そこを流れている赤血球が見えているという考えです。 まぶたの皮膚はとても薄いので、自分のまぶたの裏に映る毛細血管が見えてもおかしくないのだそう。

また、目を閉じたときの眼球にかかる圧力によって目の血管が痙攣を起こし、それが刺激となって、模様が見えたように感じる場合があるとも言われています。

模様の形は、目をつぶる長さや力の入れ方で変わってくるそうです。

「目を閉じる」という何気ない行動ひとつをとっても私たちのカラダにはたくさんの不思議が詰まっているのですね。

 


②広重 佳治(1995) 入眠期の主観的体験, 生理心理学と精神生理学

入眠時心像ですね.なぜこれが見えるのかメカニズムについては,未だよくわかっていないと思います.人によって様々で研究が難しいのですが,論文は 嵩原・田中・岩城 (2018) 入眠時心像を用いた入眠過程における感情効果に関する心理生理学的研究, 日本感性工学会論文誌 jstage.jst.go.jp/article/jjske/… twitter.com/kopiJd/status/…


③まぶたの裏の毛細血管や赤血球が見えている説


毛細血管説

まぶたの皮膚はとても薄いので、自分のまぶたの裏に映る毛細血管が見えてもおかしくないのだそう。

目の血管の痙攣や刺激説

目を閉じたときの眼球にかかる圧力によって目の血管が痙攣、それが刺激となって、模様が見えたように感じる場合があるという憶測もあります。だからこそなのか、模様の形は、目をつぶる長さや力の入れ方で変わってくるそうです。


 

 

毛細血管を見ているとしても残る疑問

というように、まだ瞼の裏の万華鏡模様が何かは解明されていません。でも私の体験では、瞼を強く押すことによって見えるので、これは毛細血管が押し付けられてその結果それが見えているのだと思います。

でもそうだとしても不思議なことが残ります
真面目な話こんな疑問が浮かびます
①ではなぜ血管が流れている映像ではないのか?
②ではなぜ手の甲に緑色に浮かんでいる血管のように、特別な模様のないどうみても血管のように見えないのか?
③つまりあまりにも万華鏡のようなんです
こんな感じ
DYpXLI8VwAAq1UM.jpg
私の場合はこれがカラーで見えるのです。
これがカラーだととてもきれいじゃないか?ってそうなんです
あまりにも美しすぎるのです。
あれは血管の映像ではないですよ。
はっきり断言
では刺激によりなんらかの映像が生まれているのか?
そうならば毎回アトランダムに違うものが見えそうですが
毎回まったく同じ映像に全く同じ色具合です
科学的に解明された現象と思っていたら違っていたのでびっくり。
丹光説
というのもありますが、これは自律訓練法黙想練習の現象でよく知っているのでわかりますが

 

違います。

まとめ

ということで瞼の裏の映像。

刺激を与えると見えるというのはわかりましたが
一体何を見ているのか?
それはまだ謎なのです
最後にもう一つ、2年ほど前から私が再び瞼の裏の映像をよく見るようになったきっかけは
イメージストリーミングを始めたからです。目を閉じてそこに浮かぶ微かなイメージを言葉に替えるという作業を毎日のようにやっていたら、再び瞼の映像を見るようになったわけです。

 

その仕組みは謎ですが事実としてそれは確実にあるのです