· 

タロットカードのグレイトジャーニーを知ろう

タロットカードは
大アルカナカード22枚と小アルカナカード56枚の
合わせて78枚で構成されています。
アルカナとは秘法とか秘術とかの意味です。
大きな秘法ということで大アルカナは小アルカナよりも意味が深いとされています。

タロットカードが語る人生のグレイトジャーニー

大アルカナカードには
1から22までの順番があります

カードによっては番号がふられています。
そして

大アルカナカードのグレートジャーニーという考え方があります。
それは
大アルカナの22枚には順番だけでなく

22個の連続としての物語があるというものです。

上の写真はわたしが普段使用しているタロットカードを1~22の順番に並べたものです。

1番の魔術師から始まって

22番愚者に至るまでこれは人間の成長の物語なのです。
進化し、決断し、旅に出て力を得て知恵を得て、より深い考察をして、

運命の輪が回り、さばきを受け忍耐し、死んで再生し、内外と天と地のバランスをとり、

悪魔と塔の光が迷妄を破壊し、星の希望が現れ夜が明けて、審判が下り復活して世界が完成して
再び高い次元への旅に出る

こんな風に誕生と、男女の分化と、この世の知恵と天の知恵との出会いと、旅立ちと
苦労と死と再生の物語です。