心療内科の薬の効用とコーチング

心療内科の薬の効用とは?

精神的にかなりきついときに

心療内科に行ったことのある人

今の時代 多くなっているようです

昔は 心療内科に通うことは気がひけるものでしたが

今は ストレス過剰の時には割と平気で行けるものです

かくいう私も生命保険の営業所長時代

まさに過剰ストレスの抑えるために 心療内科の薬を飲んでいたことがあります。

 

あれを飲むとどうなるかというと、まずなだれ込んでくるストレスたちに対して

頭に膜ができたような気がして、それがバリヤーの役割を果たして

ストレスを防御します

平たく言えば頭がぼーっとして、物事を認識することがあんまりできなくなるのです

ところが

そのくせ頭は働きます

ネガティブなことに対しては 頭がぼーっとして頭が働かず

やるべきことに対しては ちゃんと頭が働く

これが心療内科の薬の効果だと ぼくのわずかな経験からは思えます


薬をずっと服用すること

薬をずっと服用する

それはほんとの病気で服用するときは別にして

いわゆる健常者でつらい時に薬を飲むときのケースについて考えてみたいと思います

 

いつまで薬を飲むのか?

といえば

今の状況が変わって精神的に落ち着いたときです

その判断は難しいんです

いったん 薬を飲み始めたらそれは

本人の努力によらず

日常生活で機能するので快感であり楽なんですね

でも

それは

サッカーで言えば

敵の攻撃をしのぎ続ける状況に似ているかもしれません。


コーチングを受けること

コーチングというのは

前向きに行動するためのものとして始まりましたが

今では人間にかかわることすべてにコーチングのメソッドが応用されて対応しています

 

なのでいわゆる病気のレベルではなくて

ストレス過剰や精神が参った状態のときなどは

薬で応急処置を取ったあと

継続して薬を飲むのではなく

コーチングで根本を変えることです

 

参考:コーチングとは?

 

それは今後ストレス過剰になったとき

自力で対応できる道を切り開くことになるのです

完全に自力でなくても

コーチとの接触でスイッチが入るようになるのです。


コーチングの前にタロット占いをする意義

ほんとうにきついときに、

コーチングを受けると

最初にやることは

コーチの質問に導かれるとはいえ

今のつらい状況を自分の言葉で語ることです

 

私もコーチングを受けたときに

最初に自分の弱さを語る必要があったとき

結構きつい思いをしたものです

 

そこでタロットカードを使って

占いをするのです

占いはちょっとと思う人は

これは心理装置なのだと考えるといいでしょう。

 

でてきたカードをもとに

そのカードを肴に語るから

とても楽に語れるのです

多くの人がそれを体感しています

 

参考:タロットコーチングとは

*************************

◆無料オリエンテーションのご案内

 

◆潜在能力を引き出して豊かな人生を送る

 

◆メルアドです。

お気軽にお問い合わせください、  お待ちしております。

必ずお返事いたします。

 

 tuzitomasikitarotcoaching@ybb.ne.jp 

 

メールマガジンのバックナンバーです