· 

タロットヒーリングをすると自分の心と深く長く対話ができます


自問自答することはとてもいいことです

自分と対話することはとても大事なことですね

誰もがわかっていることですが なかなかできることではありません

 

自問自答といってもいろいろあって

一人のときになんとなく物思いにふけったり

何か悩んでいることについて考えてみても

たちまち思考がグルグル回りだして 

後悔うあ恐れや不安の迷路をあれこれさまようだけになりがちです

 

そこで たとえばノートに考えを書いてみる

というのもひとつの方法になります

確かに頭で考えるだけと違って 思考が明確にはなります

 

自分と対話するには他人の助けを借りるのが一番なんです

誰かと会話をすると お互いにアイデアが浮かびやすくなりますね

会話のキャッチボールがアイデアを産むのですが

相手の言葉に影響を受けるのではなくて

自分がしゃべりながら自分が気づくのです

 

自分以外の何かが刺激になるのです

 

さてタロット占いの場では

まさにそんなことが起こります

出てきたタロットの意味をお伝えしていると

クライアントさんは自分で語りだし

自分で気づくことも多くあります

そしてただの会話と違うのは

 

目の前にずっとタロット占いのスプレッドがあるということです

 

タロットヒーリングは2週間 特定のタロットカードを通して自分と対話する以上のことが起こります

タロット占いをして

最終的に今回の占いで一番大事なカードは展開した10枚の中のどれなのかがはっきりしたら

そのカードを使って2週間ヒーリングをしています

毎晩と毎朝

私がそのカードがよくなるように またはますますその影響をあなたに与えるように

念じます

あなたもまた

そのカードを毎晩毎朝

意識して言葉にします

 

そのカードが示すあなたの障害やサポートするものが

明らかとなり それと接触し

あなたの道は開けるのです