· 

自律訓練法の練習を加速させる方法

邪馬台国朝倉説
【私の趣味:邪馬台国】 趣味に没頭するのも自律訓練法の上達に効果的です

自律訓練法の上達にはひたすら練習しかありませんか?

上達にはひたすら練習しかないか?

 

クライアントさんのお一人からの質問です。ご本人の進捗度合いなどで一部変わったりもしますが、次のような回答をさせてもらいました。

 

基本的にはそうです。

ですがこれは微妙です。野球のバッティングの上達には素振りしかないか?

という質問に似ています

答えは素振りは絶対必要だけど、ランニングもメンタルトレーニングも生きた球を見るのもやったほうがいい、ということにないます

 

パラメモリーやサイコフィードバック装置を使いながらやるのは明らかに加速するし

パラメモリーの音をYouTubeでとって(バイノルビート音  ウィンウィン・・・の連続)

を頻繁に聞いたりしても効果があるでしょう。

 

すでに全体的におおむねできているので

それを深めて一括で体感するというのが次の段階なので、できれば一回30分連続の時間をとるのを回数増やしたらいいのではないかと思います。(やりはじめの人は10分を上限としたほうがいいです)

長くやってるとからだの変化が起こってくるのです。

 

自律性状態は、随意神経と不随意神経がつながった状態です。これはアメリカの学会で証明されているようです。

そしてそれはつながったのを自覚してるところ以外にも(手足温感などですね)一か所つながると全体がつながっているらしいです。こちらもアメリカでそういう発言が学会でありましたが、機序は不明だそうです。

で、問題は、意識の方ですが、つながったままが連続していたり頻繁につながるなどの体感が繰り返されると、不随意神経とつながった状態を体が覚えるという感覚になっていきます、さらに随意神経系は自意識の領域だから、潜在意識の領域の不随神経とつながることで、潜在意識と自意識がまたつながった状態になるわけです。

 

なので、旅行するとか、動物と遊ぶとか、お風呂にゆったりつかるとか、遊園地に行くとか山歩きをするとか日常から離れることでも自律訓練法の練習をすることになります。趣味に没頭するとかもいいですね

 

 

自律訓練法はあくまで生理的反応を伴った変性意識状態、または身体の変化を経由して変性意識状態に至る方法なので、要は変性意識状態になりやすい状態を作ればいいのですね。

そしてそもそも自律訓練法は変性意識状態の人にそのときの身体的状態をインタビューしてできたメソッドですから、当然、本来の練習に加えて、この意識状態にダイレクトにアプローチをすることをやれば練習が加速するわけです。


無料メールマガジンでは5回にわたって

アルファ波バイオフィードバックと自律訓練法の基礎実践をお伝えしています

 

自律訓練法とアルファ波バイオフィードバック
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

※ワンクリックでいつでも解除可能です。
※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。