· 

自律訓練法で自分を変えよう

自律性状態になったときは
人間の脳は暗示にかかりやすくなっています。

この状態を目いっぱい利用すると
最高の自己啓発ができます


自律訓練法意思公式練習はまさにこの状態を利用して
自分に必要な言葉を唱えるのです
1か月を目安に唱え続ける
その言葉が脳の奥深くにしみこむので
性格や嗜好や考え方を変えることができるのです
たとえば人と話すのが苦手であれば
1 人と話すのは嫌じゃない
2 人と話すのは意外と面白い
3 人と話すのは実は楽しい
というようにステップを踏んで3か月かけて自分を変えます
その際
各ステップに応じた映像、イメージも見るようにすると効果が倍増します
最近ではネット上にいろんな写真やイラストがあるので
自分の望む状況にフィットするものを見つけるのも容易になりました
どうしてもいまいちなら自分で絵をかいてもいいですね
言葉と
絵を
自律性状態の時に
自分の脳にやきつけていく
するとほんとに変わるのです
催眠状態の人が思わぬ才能を発揮しますが
要はそれを定着化させるということですね

無料メールマガジンでは5回にわたって

アルファ波バイオフィードバックと自律訓練法の基礎実践をお伝えしています

 

自律訓練法とアルファ波バイオフィードバック
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

※ワンクリックでいつでも解除可能です。
※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。