· 

自律訓練法と目標達成

暗示にかかることを利用する

自律性状態になったときは
人間の脳は暗示にかかりやすくなっています。


暗示にかかりにくい人とかかりやすい人がいるのは事実ですが
自律性状態になってしまうとその差はなくなります
暗示にかかりにくい人は
自律性状態になるためのトレーニングに時間がかかるのですが
つまり自律訓練法の練習がたいへんなのですが
ひとたびマスターして自律性状態になってしまうと
もう
暗示にかかる心身の準備ができています

もちろん暗示にかかりやすくなるためになるわけではないのですが
暗示にかかりやすいとは
大脳のチェックや編集がされていない状態のことなのです。


イメージと言葉を使いこなす

それで純粋な状態の頭に
自分が必要と思う情報を流してやれば
とてもいい行動に繋がるわけですが
そのやり方として
イメージと言葉を与えるというのがあります

よく目標達成には
成功したときのイメージを描くことが大事で
そのための言葉を唱えることが大事と
言われています

そこで
イメージのためには絵や写真を用意して
言葉のためにはアファーメーションという技法で
自分を鼓舞する言葉を唱えるというのが
自己啓発の手法であります
これは鉄板の方法として定着しています

自律訓練法で自律性状態になったら
その状態でこの目標達成のための手法を使うのです
自分が望む未来を絵にしてそれを眺める
写真とかネット上の画像とかでも良いのですが
とにかく自律性状態になって眺める
そして併せて
自律訓練法意思公式練習そのものですが
そこへ向かうための言葉を用意して唱える

成功原則を自律性状態で使うと
達成への道筋がよりくっきりとしてきます。

イメージストリーミングの実践基礎をご紹介する無料メールマガジン登録フォームです

 

イメージストリーミング実践紹介
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

※ワンクリックでいつでも解除可能です。
※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。