· 

タロット占いの勉強方法を教えます

今回はタロット占いを勉強するときの話です
まずはタロットの意味を覚える人が大半です。
もちろん意味を覚えないと何もできないのですが
金貨の10が正位置ででたら家族繁栄で逆位置なら家族の没落
のような形で暗記していっても
一枚ごとの説明はできても全体を通してのリーディングはできません
また1枚ごとを覚えていくと
156個の意味を覚えないといけないので
まるで試験勉強のために英単語や歴史の年表を覚えているかのようなことになります

タロットを学ぼうとする人に私がおすすめしているのは
全部を順番通りに並べて1週間以上毎日それを眺めることです
ソードをエースからキングまで
ワンドをエースからキングまで
カップをエースからキングまで
ペンタクルをエースからキングまで
それぞて14枚づつ順番に並べます
さらに大アルカナを
愚者から順番に世界まで並べる
78枚が全体として目の前に広がりますね。

さて学び終わったあとも
タロットはときおりこのように並べるといいです
タロットカードとは本来このような順番で並んでいるものですから
ときどきリセットして日干しのように休ませてあげるのですね
勉強中はこうするとタロットの流れと意味が自然と目に入ります
たとえばこうすると
8という数字の意味がわかります
8の絵を4枚とも同時にみることができますね
またページもキングもエースもそうです
そして各スートの同じ数字を見ることで意味が深まり
またスート毎のエースからキングまでの物語がわかるようになります。

タロットのたとえばケルト十字法は
このように並んでいるタロットがたまたま
その人のテーマを見たから
ケルト十字の展開として78枚から10枚が選ばれているのだとう感覚
そんな感覚が見についてくるととてもよくタロットのリーディングのこつが
わかるようになります

無料メールマガジンでタロットコーチングについてご紹介しています

 

タロットコーチングで自分を磨く
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

※ワンクリックでいつでも解除可能です。
※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。