· 

イメージストリーミングの副産物

イメージストリミーミングをやってみると
本来の効果以外の効果に気づくときがあります。
本来の効果とは
「見えて来るイメージのその視覚情報を語る」

ことから来るものです。

それは

1.なぜそんな世界構造になっているのか?
2.その視覚情報の意味は何か?

ということから受ける気づきのことです。

ウェンガー博士はこの構造のイメージ以外のものを
やめとくように固く戒めていますが
ところがその部分もなかなか意味深です。
もちろん構造の視覚情報を語るのがベースにあっての話ですが
それ以外の
何気ない感想や意見も
言いたいことはまずは言っておいて録音しておくと
これが素晴らしい洞察になっていることが多いのです
ある人は故郷の古い神社の建つ丘の様子やその階段や崖の様子を語りながら
何気なく
そして二人は歴史で結ばれる
と意見というか思いついた言葉を言いました。

そのときのテーマは彼女とうまくいくか?
でしたが
「二人は歴史で結ばれる」
という言葉が
彼にとっては実にピンとくる、彼女との中を進めるキーワードになったのでした。

練習は最初はインストラクター付きで!

イメージストリーミングの練習は

視覚情報の構造的なものが土台ですが

何気なく思いついた言葉からも

多くの気づきを得られます

練習のときに

これは視覚情報ではないからという

言葉に出さないと何も言えなくなってしまったりします

でも

だからといって無際限になんでも言葉にすると

視覚情報がゼロになることもあります

このバランスがむずかしいので

ある程度マスターするまでは

やはりインストラクターをつけて練習するのがいいと思います

イメージストリーミングの実践基礎をご紹介する無料メールマガジン登録フォームです

 

イメージストリーミング実践紹介
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

※ワンクリックでいつでも解除可能です。
※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。