· 

イメージストリーミングには練習の方法がある

イメージストリーミングは

私のようにそれを利用している人間には素晴らしい手法ですが

それが流行らなかった最大の原因は
20~30分くらいの長い時間 とにかく大声でイメージを語り続けましょう 
というおおざっぱなノウハウ開示が原因だったと思っています。

何事もマスターするまでは
ピアノでもスポーツでも
基礎は制約の中でマスターできるものですし
創造性も制約の中で生まれます

イメージストリーミングもマスターの基礎は制約です

誰でもほぼ確実にイメージを展開する方法として
こんなやり方があります

テーマを決める:  例として7月はどんな月になるか
スタートイメージを決める:  例として扇風機
そして15秒だけイメージストリーミングをします

7月はどんな月か。
扇風機が見える
スタート

で、たとえば蚊取り線香の煙が見えたりしたら成功です
すでに解釈可能な状況にあります

つまり
なぜ
自分は扇風機のあとに蚊取り線香を見たのか?

それを解釈すれば

答えが出てくるからです

イメージストリーミングの実践基礎をご紹介する無料メールマガジン登録フォームです

 

イメージストリーミング実践紹介
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

※ワンクリックでいつでも解除可能です。
※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。