生まれたてのイメージを言葉で成長させるイメージストリミーミング

イメージストリーミングで大切なのは

どんなかすかなイメージでも言葉にすること

うすぼんやりとして

とても言葉になどならないというレベルでも
いったん言葉になると
そのかすかなイメージは
鮮明なイメージに成長していく



たとえば
「わたしは転職したほうがいいか」
でイメージを開始

たとえばそこで

霧が出ていて

小雨が降ってるような山中の情景をうっすらとみていたとします

しかしそれをあえて言葉に

なんとか言葉にしてみると

霧の中から

鶴が湖から飛び立ち
別の湖に舞い降りて
魚をくわえその魚を天空に放り投げる

そんなイメージに発展していきます

そしてこの辺までイメージがでると

解釈可能な量となります

たとえば

この鶴の解釈は

別の会社に行くと能力を発揮できると解釈できる
この湖が変わるということで
「あっ!そうか」と思えたらイメージストリーミングは成功です。
「あっ!そうか」と思えるかどうか、それがキーです。


イメージは最初から鮮明には見えません

イメージはうすらぼんやりとしていつも頭の中では

生まれたばかり

だからこそ言葉によって

成長させてやる必要があるのです

一瞬のイメージをつかみ取る

イメージキャッチングが

イメージストリーミングのためには必要になります

イメージストリーミングの実践基礎をご紹介する無料メールマガジン登録フォームです

 

イメージストリーミング実践紹介
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

※ワンクリックでいつでも解除可能です。
※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。