· 

タロットカードを鳥たちだと思う理由

タロット占いをするときカードをシャッフルします

アトランダムにカードが混ざり

やがてそれを一か所に集めて

3つの島にわけて置き

それをまた順不同で一つにします

そして

横にしている状態を縦にするとき

左右どちらを上にするかを選ぶのですが

これによって各カードが正位置ででるか逆位置ででるかが決まります

 

一連の動作は単なるかき混ぜではない

シャッフルからはじまるこの一連の動作は

カードをできるだけばらばらにするためにやっているのですが

本当にそうでしょうか?

なぜならタロットでどのカードが正逆いずれかで出るのは

この一連の動作の結果決まってくるわけですから

実はこの作業こそが

タロットの中で最重要であり

占い師によって

もっとも差がでる部分でもあります

そのときカードたちは何をしているのか?

一連のかき混ぜ作業によって

カードはめちゃくちゃにアトランダムに順不同になるのですが

これによって占いのきもが 決まるということは

このとき

カードたちは何をしているのでしょうか?

 

私はこのときのカードたちをこんな風に想像もし

実感もしています

 

78羽の鳥たちが

羽ばたいて

告げられたテーマについて

未来へ

心の奥底へ見にいってる

78羽の鳥たちは

それがわかる場所まで飛んでいき

いろんなところで止まったり飛び続けたりして事細かに見てくる

 

それがシャッフル中のことです

そこから展開するところまで集約されるというのはこういう意味です

 

78羽の鳥たちは十分に見てきたので戻って来ます

そしてその様子が最も的確にわかる10か所にいた10羽の鳥が78羽の代表として

出てきます。

その10羽こそがケルト十字法で展開する10枚のカードです。

残り68羽もちゃんと見てきています

でも最適に伝えられる10羽が代表として登場するのです

だから68羽も、展開しないカードも後支えとしての役割を果たしているのです

 

そして10羽は10か所の場所からみたことを

教えてくれます

だからこそタロットは当たるのです

 

78羽の鳥たちが遠くまで飛んでいき

実際に見てきたことを

教えてくれるのですから。

無料メールマガジンでタロットコーチングについてご紹介しています

 

タロットコーチングで自分を磨く
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

※ワンクリックでいつでも解除可能です。
※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。