· 

臨死体験と自律訓練法

1958年の精神医学者ジョン・リリーの実験

自律訓練法を極めると黙想練習まで達成します

ここで出会うイメージは臨死体験で出会うイメージに近いかもしれません

ジョン・C・リリーが1958年アメリカで隔離タンクの実験というものを行いました

 

それは人間の比重と同じ、体温と同じ液体の入ったタンクに全裸で入り

そこに浮かんでタンクを閉めると言うもの

 

こうすると筋肉刺激、皮膚刺激がゼロ

そして当然、耳も聞こえず目も見えずです。

あらゆる外部感覚を遮断すると何が起こったか?

 

自分の内部情報

体験、記憶、感情、思考が実体化してきて

外部刺激のように脳に働きかけ

鮮烈なイメージを見るようになる

そのイメージは夢の体験が実体験であるかのように

見ているときは実体験に感じる

強烈なイメージ

 

これはまるで

自律訓練法黙想練習の最終段階をクリアしたときとそっくりです

これは臨死体験の状況ともにている

 

つまり自律訓練法標準練習達成の状態でイメージトレーニングをすると

実体のようなイメージを見るということです

 

隔離タンクがなくとも

自律性状態という隔離タンクがあれば

できるわけです

無料メールマガジン登録フォームです

実践のための方法を5回にわけてお伝えしています。

 

 

イメージストリーミング実践紹介
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

※ワンクリックでいつでも解除可能です。
※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。