· 

脳が気持ち良くなる3つの方法



自律訓練法とアルファ波バイオフィードバック

自律訓練法をやるととても脳が気持ちよくなります。

身体もそうなのですが脳に限ってもとても気持ちがいい。

そしてストレスを遮断されるのでほのぼのしてきて

そのくせ研ぎ澄まされた感覚があります。

 

またアルファ波バイオフィードバックもとても気持ちがよくなります。

これはアルファ波を出そうと体を調整することから始まります

息を整え静かな気持ちになって

アルファ波を出そうと意識します

するとその感覚を学習した脳がアルファ波を出します

それをバイオフィードバック装置が感知して音を出します。

鈴虫の音色です。

それを聞くと気持ちがよくなると同時に

アルファ波の状態がますますわかるので

さらにアルファ波がでます

とても気持ちがいい


練習のいらないパラメモリー

自律訓練法もアルファ波バイオフィードバックも練習が必要です。

アルファ波バイオフィードバックのほうは

そうはいってもはじめてでも アルファ波は結構でるので

いきなり気持ち良さを感じることができます

 

でも自分のアルファ波をコントロールするには練習が必要でうs

その点

パラメモリーは練習は不要で

単純にパラメモリーのうなり音を聞けばいいだけです

そして30分も聞いてるととても気持ちよくなります

 

ところがこれもおもしろいもので

毎日連続してパラメモリーを聞き続けると

だんだんパラメモリー効果を脳が自覚してきます

 

わたしの体験でいけば

こんな精神状態で

パラメモリーのアルファ波を20分聞くとこんかかんじになるとか

ここでシータ波対応の音を10分聞けばこんな感じになるとか

 

やはり学習していくので

いろんな使い方を工夫できるようになるのです


パラメモリーと相性のいいアルファ波バイオフィードバック装置

愛用のバイオフィードバック装置です。

相当古いですが機能的にはこれで十分。トレーニング時間を設定してアルファ波が何分出たかが表示されます。トレーニング中にアルファ波が出ているときは鈴虫の鳴き声がします。

パラメモリーを持っていて

気持ち良さを体験していたらぜひ試してほしいことがあります

アルファ波バイオフィードバック装置を使ってみることです

すると自分がパラメモリーでこんな感じになっているとき

どれくらいの強さのアルファ波が出ているのかがわかるのです

このわかるというのは大事なことで

わかれば体はそれに応じて

そうなるように調整していくのです

まさにそれこそがバイオフィードバックなのですが

パラメモリーにはバイオフィードバック装置がつくことで

ターボエンジンのように効果を倍増します

無料メールマガジンでは5回にわたって

アルファ波バイオフィードバックと自律訓練法の基礎実践をお伝えしています

 

自律訓練法とアルファ波バイオフィードバック
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

※ワンクリックでいつでも解除可能です。
※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。