· 

パラメモリーでアルファ波とシータ波になって脳を活性化させる

その昔パラメモリーという機器が販売されていました。

(実は今も販売されています)

 

なんのための機械かというと 

脳波をアルファ波やシータ波にして

脳を活性化させてバージョンアップさせるものでした。

 

七田式トレーニングでもパラメモリーは推奨されていました。

 

瞑想の継続やアルファ波などのトレーニングなしで

使えばそのままいきなりそういう成果を得ることが

できるとなってました。

ヘミシンク効果を利用して

左右の耳からちょっと周波数のずれた音を同時に聞く

それによって脳がそのずれを修正しようとはたらくことで

活性化するというものでした。

スマホくらいの大きさの機械でイヤホンで聞くようになってました

音は うなり音です


バイノーラルビート音はパラメモリーです

パラメモリー

政木博士という発明家が作って

本も出て

わたしも愛用者の一人でした

とてもよかったです

これをやっていて 

ある日バイオフィードバック装置を使う機会に恵まれて

やってみたらいきなりずっとアルファ波がでたので驚かれました

しかしパラメモリーでトレーニング済みだったわけです

 

今でも販売されています。

いろんな調整や機能があるので

それらの機能については購入するしか使えないのですが

パラメモリーの あのうなり音は

実はバイノルビート音であり

それ自体はネットで出てきますから

体験はできます

 

うなり音について

私が調べた限りでは

絶対的に効果があるとはなっていないようですが

しかし私の体験でいえば

あきらかに気持ちがいいしアルファ波が出やすくなります

それは当然で

パラメモリーはアルファ波とシータ波に脳波をチューニングする機械ですから。

それははっきりと効果があるということです

自律訓練法にはパラメモリーの効果があります

パラメモリーがアルファ波やシータ波を出すことで

脳を活性化させるという機能は

自律訓練法での自律性状態

それをまかないます

 

ずばり言えば

自律訓練法をマスターすれば

パラメモリーはいりません

 

パラメモリーの唯一の欠点は

それ自体はバイオフィードバックにはならないということ

 

同じくアルファ波に関係する機械の

アルファ波バイオフィードバックは

練習すると機械なしでもできるようになるし

自律訓練法はそもそも機械が不要です

 

いずれにしても

パラメモリーには明確に次のステップがあるのです

それはアルファ波バイオフィードバックであり

自律訓練法標準練習です

無料メールマガジンでは5回にわたって

アルファ波バイオフィードバックと自律訓練法の基礎実践をお伝えしています

 

自律訓練法とアルファ波バイオフィードバック
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

※ワンクリックでいつでも解除可能です。
※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。