· 

タロットが入り口 コーチングが出口

日本で一番有名な心理学カウンセラーといえば 河合隼雄さんです。著書も多数にのぼりますね。

河合さんの本の中に

ケルト紀行のようなものがひとつだけあります。

イギリスとアイルランドなどを回って、ケルトの風習を心理学的に解釈していくのですが、

一人のケルト人女性が行うタロットカードについて

詳しく書かれているくだりがありました。

入り口としてのタロット

魔女となのりタロット占いをするその女性は

河合さんが見る限り

ほとんど自分たち心理カウンセラーと同じことをしていると言います。

違いは入り口がタロットだということ。

たとえば河合さんの患者さんの場合

カウンセリングのはじまるときは次のような感じになるのだとか。

 

「先生、今日ここに来るとき電車に乗り遅れそうになってあせりました」

「電車に乗り遅れそうだったのですね・・・・」

世間話として患者さんが言った電車の話を使って、やがて患者さんにたくさんしゃべってもらうようにするのだとか。

 

「最近はどうですか?」

「先生、どうですかと言われてもどうなってるかわかりません」

「でもどうわからないかを教えてください」

 

こんな感じで、ようするにカウンセリングの入り口はむずかしいのですね。

それをタロットの場合は、と河合さんは言います。

入り口がタロットで出てきたカードから入るからとても自然、

いざ会話が進みだすと、もう心理カウンセリングと同じだ

そういう内容で一章が書かれているのでした

タロットコーチングの原理です

上の内容で、カウンセリングをコーチングと読み替えたらそのままあてはまります。

 

私自身もコーチングを受けたとき、毎回はじまりに苦労しました。

コーチは

「前回から今回まではいかがでしたか」

と聞いてくるのですが

そういわれてもそうですねえ

と思ってしまうのです。

ちょっと会話が軌道にのるのに頑張らないといけません。

 

それがタロットをまずやると

会話のはじまりは

カードのリーディングからはじまります。

あとはそれを題材にいくらでも話すことができる

 

それがタロットコーチングなのですが

かの有名な河合隼雄さんが

まったく同じ趣旨のことをおっしゃっているのを聞いて

同好の士を得たと嬉しくなった次第です