· 

コーチの言葉は自分の考え方を一瞬で変える

一つの事例を交えてお話します。

30代の男性がとても忙しい1週間を過ごしていました。

 

彼は頭が良くて

自分のする作業にはきちんとした意味がないと納得できません。

意味に納得すると

爆発的な頑張りをみせますが

そうでなければやる気なく幾分ふて腐れ気味になります

 

いつも最高に自分の能力が発揮される仕事をしようと

がんばっていました

 

その一週間

彼は 誰がやってもできるような単純作業を

膨大な量こなしていました

彼は嫌々やっていました。

アルバイトにでもさせればいいのだと思いながら。

行動をはじめたら一切計算することをやめる

彼はその頃コーチングを受けていました

上昇志向の強い彼は

コーチングによってさらに高い次元の仕事をしようとしていました。

ところがその一週間

彼の仕事は単純作業でした。

ある日夜の11時ごろに無理を言ってセッションを入れてもらって

彼はコーチにやっていられません、と言いました。

 

コーチは

「あなたの価値観にあわない仕事内容だけど

はたから見ると あなたにとってとてもいい仕事をしています」

と言いました。

 

その瞬間

彼の中で何かが化学反応を起こしました。

コーチのこの言葉で

彼はバカにしていた単純作業をよろこんで

やったのでした。

自分の価値感にはあわないけど・・・・

コーチのこのセリフが

いろいろなことを一気に変えたのでした。

 

一気に考え方の構造が変わったのでした。

コーチングは新たな道を示すことがある

その30代の若者とは

若い頃の私です。

傲慢でエゴイストだった私も

歳月とともに丸くなりましたが

このときのコーチの言葉は生涯の指針の一つになったのでした。

 

自問自答ではあんなふうな気づきはありません。

それは誰か自分以外の人間がいればこそ

起こりえる出来事なのです。

頭ではわかっているけど気持ちがついてこない!

それは自分で考え自分で気持ちをかたづくっているからです

信頼できる他人からの一言

それも

物事の考え方についてのアドバイスを求めると自分が決めている人から

そんな人からの一言は

考え方を突然がらりと変える力を持っているわけです。

 

無料メールマガジンでは5回にわけて

自己基盤確立コーチングの内容をお伝えしています

自己基盤確立コーチングファーストステージ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

※ワンクリックでいつでも解除可能です。
※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。