· 

タロット占いはカードの絵からのメッセージです

タロットで占い師はカードの何を見てると思いますか?


タロット占いに行くと

カードが展開されて

それを見て占いのメッセーが告げられます

 

タロット占いのリーディングの腕に

かなりの差があるのはなぜかというと

この展開したカードをどう読むかなのですが

まずは言葉の力がなければどうしょうもありませんね

 

日本語をあまりしゃべれない外国のタロット占い師が

どれ程優れていても

日本語しかわからない人にはその生の表現に触れることはできませんから

言葉の力は偉大です

 

でもその前に

そもそもカードの意味だけで

占いがなされているという誤解があるのです

実はカードの絵全体に深い物語があるので

一枚のカードからでも相当いろんなことが読めるのです

 


一冊の本に匹敵するケルト十字法タロットカード


よくタロットだと

 

一枚目は過去

2枚目が現在

そして未来

対策

本心

環境

などなど

何枚目のカードにはこんな意味があるとなっていて

その意味に

カードの意味を重ねることで占われます

 

たとえば未来に悪魔がでたら

凶です

というのが一番簡単な例

でも

それは違います

ケルト十字法の場合

全体の中でこれはどんな役割になっているかまでみるし

そもそも

悪魔の意味を覚えてもだめですね

 

悪魔とはこの場合

何か

それを考えたり感じたりしないといけない

 

恋愛占いで未来に悪魔がでたら

その恋は×

というのはステレオタイプ

彼は悪魔です

もシンプルすぎ

 

「あなたの彼への思いはあなたにとって障害になっています

だからあなたにとっては劇薬というか

あなたのその気持ちを

炎で焼き尽くすために悪魔が来ます

仕事が忙しすぎるとか

病気になるかもしれませんが

それはこの良くない恋からの解放です」

 

などという表現ならしっかりと展開を見ていますね

ケルト十字法の場合はこれにあと9枚のカードの絡みが来るので

相当精密な装置なのです