· 

復縁までの気持ちを支えるタロットコーチング


復縁は タロット占いの人気テーマです


タロット占いのテーマでよくあるもののひとつが

復縁」です

別れたけど好きだと気持ちはそのままのとき

やっぱりもとのさやに納まりたい

でも どうやっていつ復縁できるかわからない

そもそも復縁できるかどうかわからない

こんなふうにわからないことだらけだから

気晴らしに占いをしてみたくもなるのですね

 


2年間タロット占いに通って復縁した人がいます


懇意にしている占い師さんの話ですが

ある女性が折に触れて

そうだいたい

2~3か月に一回くらいのペースで

復縁できるかを占いに来て

結果的には約2年して

復縁したそうなんです

 

気持ちが折れそうになったり

話を聞いてもらいときなど

セラピスト替わりにタロット占いに通ったようです

 

でも

占いというのは

一度だけ気晴らしに面白半分に未来を覗き見ること以外にも

こんな使い方もあるのだということですね


タロットコーチングが復縁に向いているわけ


そもそもコーチングというのは

長期的な課題に対応しています

そして復縁というのは長期的な課題です

来月には復縁できる

ということは普通はなくて

離婚でも 恋人としての別れでも

いったん別れたら

半年 一年 2年3年5年など

長い長い時が経つこともあります。

 

もちろん何かの目標を達成するのと違って

自分がこうすれば復縁できるというのはありません

相手がいることですからね

でも

自分がこうならない限り復縁はできないというのはあります

別れたときと同じ自分でも普通は復縁できません

別れた原因

これが変わらないといけない

そのうえで そのことを別れた相手が気づかないといけない

だから復縁は難しいのですね


一度ならがまんできても100回起こるとがまんできないこと


ストレスを考えるとき

急性と慢性があります

ある日とんでもないストレスがかかって倒れてしまったというのが急性

でもそれが過ぎると治ります

でもたとえば毎晩工事の音がうるさくて寝付かれずそれが3ヵ月続く

または嫌な人がいて 一日一日ならがまんできるけでその状態が半年続く

このようなパターンが慢性ストレスです

 

心のストレス許容のコップに100のストレスまで入れることができるとします

急性は一気に200入ったりするのですがそれ以上はもう来ませんね

でも慢性は毎日1づつ入って行って、つまり一回一回は大丈夫なんですが

100回で100になり101回で101になり許容範囲を超えます

そしてさらに毎日1づつ増えていくので 絶望的な気分になります

慢性ストレスのほうがこわいですね

 


別れた原因は たいてい一回づつの積み重ねです


私のどこが嫌いなの?

おれのどこがいけなかったんだ?

という疑問はよく聞きますし タロットでそれを占うこともあります

でも別れたほうは

どこがどう嫌いだったとか

どこがどういけなかったというのはありません

 

ストレスと同じ理屈ですね

何か特定の事件や性格のために別れる人はいません(普通は)

10づつの量が10回あった、現実には1のできごとが100回あったみたいな

そんなのが理由です たいてい

 

そしたらその1を起こす言動や行動は

その人の思考や感情の傾向ですね

するとその人の傾向が

もうがまんできない

そんなのが別れる理由です

 


タロットコーチングがサポートすること


ということは

その傾向が変わればいいのです

だからまずそれを発見して

次にそれを変える

これがコーチングでやることです

さらに

それを

相手に

知ってもらうために

いろいろ考えないといけないですが

それは復縁コンサル的な作業になりコーチングとは違いますが

 

そこまでお手伝いしています