· 

なぜタロット占いではなくてタロットコーチングなのか

タロット占いが好きな人のために。

タロット占いに行くと

目の前で鮮やかにカードが動き

見事なカード裁きと心地よい音で

シャキシャキ、シャシャッツと

次々にカードがめくられ

悩みや望みに対しての

「腑に落ちる」言葉が出てきます。

 

たとえば復縁する方がいいのか?

新しい彼か?

二つの狭間で迷っていると

タロット占いでは

新しい彼も復縁も同じくらい幸せになりますよ。

と出て

ではどちらがいい?

と尋ねると

 

新しい彼だと前の彼と起こったことがまた起こるけど

たしかにうきうきするような

楽しさがあるのだけど

復縁は

皆に喜ばれるし 起こった出来事の上に

新しい舞台があるから

深い純愛になります

どちらを選んでも幸せですが

選ぶのはあなたです

 

そんな風に言われると何となく

腑に落ちますし

その場でそれ以上質問することもなくなります。

 

でもその後の自分の決心や

行動や

それがどうだったのか

よかったのか もしかして間違ってないか

たとえば復縁に向けて動き出したけど

ほんとにこっちでいいのか?

一度別れた人とまたやり直すには何に気をつけたらいいか。



そんなことをまた聴きたくなるものです。

なので占いにはリピーターがつきもの。

必要な時にまた行くのですね。

タロット占いは特に3か月くらいの未来を想定しています。

なぜならタロットにおいては心が変わると運命が変わるからです

 

 


タロット占いのリピートよりもタロットコーチング

タロットコーチングは

何度もタロット占いにいくことと何が違うのでしょうか?

 

コーチング形式はまず10回とか5回とか回数を決めます。

必要だと思った時点でまた行くのではなく

最初から5回行く  10回行く

そう決めてしまうわけです。

なんのために?

 

というかコーチングとは

5回 10回と

それだけの回数がかかるテーマを扱うのです

タロット占いでも

復縁まで

1年かかり

その間8回通った。

などという話もざらです。

 

コーチング契約でタロットをやれば

単にタロットの内容が腑に落ちるだけではなく

それをもとに自分の生活や姿勢や態度に

テーマを決めて

彼への接し方や

彼への気持ちの整え方のテーマを決めて

日々コーチに連絡をとることも可能で

次回のタロットの時にはそのテーマがどうだったか

現状はどうかわったか

次回はどうするか

そんな確認作業と会話をしながら

さらにタロットで深く読んでいく。

それを

5回 10回と繰り返すので

自分の心を固めたり

自分磨きをしたりなどには

とても有効です