· 

タロット占い大アルカナカードの秘密を少しだけ話します


大アルカナカードの秘密


タロットカードの種類

 

タロット占いは、タロットカードを決められた配置に並べることで行われる占いです。

今回はタロットカードのうち大アルカナカードについてその秘密を少しだけお伝えします。

まずアルカナってなんでしょうか。

Wikipediaによると

*「アルカナ」とはラテン語でarcanum=アルカーヌムの複数形であり、「机の引き出し」の意味から引き出しに「隠されたもの」を指し、さらに転じて「秘密」「神秘」などの意味になった。


タロットカードは大アルカナカード22枚小アルカナカード56枚で構成されます。

小アルカナは1であるエースから10までの数字と

トランプの人形カードに比定される宮廷カード

ページ、ナイト、クィーン、キングがあります。

ページ=小姓で、トランプにはないカードです。

 

小アルカナは

剣=ソード、棒=ワンド、金貨=ペンタクル、聖杯=カップの4種類があり

それぞれ14枚づつあるので4×14=56枚となるわけです。

 

一般に大アルカナの意味が小アルカナの意味より深く

深い精神性を示しています。

 

大アルカナ>エース>宮廷カード(トランプの人形に相当各4枚づつ)>2~10のカード

 

というような重々しさになるでしょうか。

優劣の問題ではなくて、深さのような感じで。

 

 

 


大アルカナばかりが出てくる人がいる!!

ある種の人をタロットするとほとんどが大アルカナで

それ以外もエースと宮廷で

2~10のカードがほとんど出ない、そんなことがあります。

 

これは不思議ですが

そういうことがあります。

ある種の人というのは

タロットのテーマが

きわめて精神的なこと

の人たち

 

たとえば

/わたしは何者なのか?

/わたしはどこへ向かうべきなのか?

/わたしにとってあの人とは何か?

 

こんなテーマをいつも心に持ってる人をタロットすると

上のような現象があるのです。

 

不思議なことだとだけ言っておきますね。

 


タロットカードは意味よりも絵そのものに注目する

カードというようり絵だと思うこと

ちなみに

大アルカナは

ユングによると

人間の元型の22パターンであるとのこと。

この22枚の絵で

人間のあり方のがすべて表現されている

そういう意見があります。

それもそのはず

絵は言葉の数百万倍の情報を持つそうですから

(厳密には映像情報は言語情報のと言います)

22枚ものあの絵は

本にすると1万巻の書物になるのかもしれません。

 

確かにタロットのどれか一枚取り出して

それを全部言葉にしたら

一冊の本には優になると思いますから

そうなのでしょうね。

 

だからタロットの威力はすさまじいものがあるのかもしれません。

 

 

1万冊の本をかき回しているのだとしたら・・・・・

 

もはや占いというよりも万巻の書物を治めた古代の図書館

探索して自分に必要な本を取り出して読むような

そんな気分になってきますね。


無料タロット鑑定申込フォーム

メモ: * は入力必須項目です