· 

一生もののスキルが身につくコーチングにはメソッドとプログラムがある

福岡でコーチング/ネットでコーチングをしています

コーチングを受けても何も残らないって本当か?


 一般にコーチングというと

これから半年の間に仕事上で困難な時期を迎えたり 

キャリアアップの山場を迎えるクライントさんが

自分を励まし 頑張っていくために

コーチをつけてコーチにサポートをしてもらう仕組みを作るもの

と思われがちだし

実際に多くのコーチもそういうつもりやることが多い

 

つまり

答えはクライアントさんの中にある

だから丁寧に的確な質問をしていけば必ず

クライアントさんは自分で気づくから

毎回そんな会話をしていけば

コーチングは機能する!

そう思っているのです。

 

しかし

ある意味これでは地図なしで目的地に行くようなもので

よほど卓越したコーチでなければ

コーチングセッションが5~10回で終わったときに

まったく何も残らなかったとなります。

セッション継続中は効果があるけど

終わったら何も残らない

それが一般的なコーチングの現状だと思われます。

少なくともクライアントさんはそう感じている!

だからこれだけ大量の資格をもったコーチがいて

長い期間にわたってコーチングが

本やネットで紹介されているのに

それほどには流行らないのではないでしょうか?

 

1回2万円のセッションを

10回受けたら20万円です。

2週間に1回のペースで受けて20週間

つまり2か月半の間は合計20万円払って

日々生き生きとする

しかし

コーチング期間が終了したら

しばらく余韻は残っても

 

もうコーチとの対話がないから

対話と質問による気づき効果はなく

10回のコーチングで何か具体的に残ったものは

体験以外にはない

そうなりがちなのです。

 


コーチングを受けて身につけたいスキルや知識とは?

ではコーチングを10回受けたとして

どんなものが残ればいいのでしょうか?

まずは

セルフコーチングのスキルがほしいですね。

コーチとやったことを

自分一人でできるようになることです。

自分に向かって自分が

効果的な質問を投げかけ

それに対して自分で真剣に回答するということです

ちゃんと時間も場所も設定してやらないと

自問自答だけにちゃんとなかなかできません。

練習も必要なスキルです。

私の場合は

イメージのパワーを使いながらやることをお勧めしています。

その場合のイメージトレーニングでは

イメージストリーミングが最適です。

なぜなら普通のイメージトレーニングでは

自分がイメージを編集するから

客観的に自問自答できませんが

(手順がわかれば客観的にできますが・・・)

イメージストリーミングは自分で編集しないので

自問自答と言っても

ほんとに別のものからのメッセージを受ける気分になります。

辻冬馬式コーチングではイメージストリーミングのレッスンもしています。

f:id:anisaku:20181215142517p:plain

さらに

リラクゼーション技法としては究極の方法とも言える

自律訓練法

辻冬馬式コーチングではレッスンしています。

このようにイメージングのスキルマスターと

自律訓練法のマスターなど具体的なものがあれば

それだけでも価値があると自負しています


 


コーチングにプログラムが必要な理由

 わたしのコーチングプログラムは以下のようなものです

【ファーストステージ】

迷いと悩みを解決して 本当の自分に向かう確実な第一歩です。

個性と状況に応じて順不同です 

  1. 第1回  どんな時に充実しますか?   
  2. 第2回 今 バランスは取れてますか?  
  3. 第3回 固い話だけど、あなたの「存在意義」を言葉にすると?  
  4. 第4回 今 どこにいますか?今 心で何が起こっていますか?  
  5. 第5回 目標の種子を作ってそれを植えます。目標そのものを育てるという作業は楽しいものです。

もちろん毎回のセッションはその時その時の、クライアントさんが一番重要なことを

対話していきますが

全体として

プログラムの内容に沿って進んでいきます。

こうするとともすると脱線しておしゃべりになりがちなコーチングに

方向磁石=コンパスが付くようなものだし

一番いいのは

この5回のセッションで

毎回一つの技法をマスターするとともに

それぞれの質問の答えは一生ものの自己確認となります。

いったんこれでマスターすれば

折に触れて上書きしていけばいいので

自問自答するにしてもフレームができるのです

コーチングでいうところの構造化

コーチングセッション全体に対して行うわけですが

このファーストステージの後にはセカンドステージがあり

自己基盤確立プログラムが終わり

そのあとは目標実現プログラムへと進むので

どこに向かっているかわかるし

コーチングセッションを継続すべきかどうかも

判断がしやすいです

 

この全体の流れに対して

イメージトレーニングと自律訓練法の練習を組みわせるプログラムもあります。

 

 

無料メールマガジンでは5回にわけて

自己基盤確立コーチングの内容をお伝えしています

自己基盤確立コーチングファーストステージ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

※ワンクリックでいつでも解除可能です。
※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。