· 

タロット占いってどんな占いか教えます:ケルト十字法の場合①

タロット占いのあたりはずれのポイントは2か所あります


あたるかあたらないかの最初のポイント

タロット占いは最初に

タロットを回します。これをシャッフルすると言います。

そのあと3分割して(これをカットすると言います)

そして3分割したものを順不同に1つに戻します。

この一連の動作を占い者だけがすることもあるし

占い者とクライアントさんの双方で行うこともあります。

 

人によってはこれは単なるランダム操作であり

全く意味がないと唱えることもありますが

機序は別にして

明らかにクライントさんや占うテーマによって

カードの出方が違うことから

このシャッフルとカットには

タロット占いを決める重要な要素があります

 

 

霊感か?潜在意識のナセル技か?

カードをかき回してシャッフルしたあとに出て来るカードが

回す人の能力によって変わるというのは

スピリチュアルな霊感によるものと考える人もいます

そうなのかもしれません

私の場合

明らかにテーマなどによってカードの出方が違うから

霊感があるのかもしれませんが

自分ではこれは

潜在意識のなせる技だと考えています

証明はできず経験からの話ですが

きっと

潜在意識はどんなにかき回して分割しても

どのカードがどこに並ぶかを

把握している

そう思うのです

潜在意識の能力をもってすれば

78枚のカードを回しながら

どこに何が出るかを決めることは可能だろうと思います

あたるかあたらないかのもうひとつのポイント

展開したカードを

占い者がどう読み取るか?

これこそがもう一つのポイントです。

 

出てきたカードをそのときのテーマに

どう生かすように読み取るかが大事なのです。

しかも一枚のカードの意味を考えるのではなくて

ケルト十字法なら10か所の配置に

それぞれ意味があるので

そこに78枚のカードが選ばれて配置されるから

意味のつながりは膨大になります。

 

一枚ごとのカードの意味ならネットで検索すればいくらでも出てきます

でもタロットのケルト十字法の醍醐味は

全体の形から全体的な意味を読み取ることにあります。

 

人気のタロット占いというのは

当たるから流行る以前に

この読み取り方と伝え方がうまいのです。

圧倒的にうまいのです。

 

たぶん当たるかどうかという点でいえば

プロの占いの方であれば

一定の力量の水準は誰もがもつから

みなおなじようなカードがきっとでているので

カードが当たるかどうかという点では同じです。

 

でも読み取り方が違うのです。それとその伝え方が。

 

 

ケルト十字法は78枚のカードから10枚を選んで10か所に配置する

ケルト十字法は10か所にカードを置きます。

置く順番に意味を書くと

いずれも占うテーマに対して

①今回のテーマの本質

②そのテーマの鍵となるもの、あるいは障害となるもの 2番目はとても重要なカードの一つ

③顕在意識はどう思っているか

④潜在意識はどう思っているか

⑤過去はどうだったか

⑥近い未来はどうなっていくか

⑦それについて心の行方はどうなるか

⑧周囲や環境はどうなるか

⑨それについての理想や願望や限界はどうか

⑩最終予想カード  10番目は重要カードの一つ

 

78枚のカードについては

大アルカナカードが22枚

小アルカナカードが56枚あります。

 

78枚のうち10枚が選ばれて10か所のどこかに配置されていきます。

つまり

カードの意味と

場所の意味がシンクロするのですね。

 

そして10か所全体に10枚全体のつながりが

あたかも音楽のようにかぶることで

テーマに対する

深い答えが浮かんでくるのです

 

まとめ

今回は78枚のカードから10枚を選んで

10か所に配置するケルト十字法について

あたるあたらないの分岐点について簡単にご紹介しました。

まだまだ奥は深いので

また次の機会にさらにご紹介していこうと思います。


無料タロット鑑定レポート申込フォームです

鑑定は無料です。説明をご希望の場合のみ30分3000円でお受けしております。

メモ: * は入力必須項目です