· 

努力なしでストレスを消し去る自律訓練法の自然治癒力:自律性解放と自律性除反応は脳幹部が起こす神秘です

迷いや悩みを解消して

本当の自分と素敵な未来に出会いたい

そんな願いを持つ人のために書いています。

今回は

あなたの潜在意識の力を

自律訓練法/アルファ波トレーニングと

イメージストリーミングで引き出す

辻冬馬式脳力発見コーチングのご紹介です。

 


潜在意識をコントロールする自律訓練法

潜在意識の力はとても大きい、今や誰もが知るところですね。
 

 

それは意識が気づていないことを気づいていたり

意識が知らないことを知っていたりと

潜在意識では「意識」「意識できない」情報が膨大に

常に渦巻いています。

そこから

あなたの迷いや悩みの解決のための

答えを掬い取れれば

素晴らしいと思いませんか?

 

そのための手段の一つに自律訓練法があります。

コーチングのメニューにも入れてますが

もともとは医療行為からはじまり

今でも心身症治療などに使われています。

なのでいわゆるスピリチュアルな神秘体験とは全然違います。

 

わたしが取り扱うのはそこから医療行為を取り除いた部分です

具体的には

深くこびりついたストレスを解消し

集中力などが極めて鋭敏になり

自己肯定感が増し

マイナス感情が自然消滅するという効果があります

このようなことを

目標達成やリラクゼーションのために

積極的に利用するなら

素晴らしい自己啓発の技法です。

とはいえ

ほとんどの人は知らないので

自律訓練法とはなんですか?

よく聞かれます

 

ところでこれを一言で言うのがとても難しいのです。

敢えて一言で言うのなら

インスタント禅  科学的瞑想法 生理的根拠をもったリラクゼーション

などなどになるのですが

しかし自律訓練法が達成する自律状態について

これらの言葉では半分くらいしか表せません。 

類似のメソッドはヒプノセラピー 間脳と大脳の遮断

最近一番近いのは

ヒプノセラピーかと思うようになりました。

 

それもそのはずで

ヒプノセラピーは催眠状態になることを利用するのですが

自律状態とは元々

自己催眠状態のときの生理的状態にからだを持っていく方法

なのです。

 

 

ここから少しややこしい話なのですが肝心なとこなので

なんとか読み通してください

☟から☟まで。

 

 

 

*********

自律訓練法で自律状態になると

大脳と間脳が遮断されるような感じになります。厳密には違いますが。

 

間脳には命の危機が来ると全身の筋肉や内臓に

戦闘モードになれと命令する自律神経の束があります。

なので会社で嫌なことがあると

大脳からの社会的危機を

命の危険と捉えて

戦闘モードになります。

だから内臓に血液をよこさず

すべては腕や足の筋肉が優先されます。

逃げて殴って生き延びねばならないからです。

でも

大脳からの社会的危機に必要なのは、

そんなことではありませんね。

冷静に的確に対応策を練って最適な手段を選び

冷静に行動することです

でも身体は真逆に反応するのです

このミスマッチのためにストレスにさらされるのです。

 

 

 

 ***********

 

 

大脳からのストレス情報で

間脳が疲れて体調も悪くなるという構図ですね

自律状態になると大脳と間脳が

遮断されることで

間脳をはじめとした脳幹部が

回復します。

 

脳幹部には内臓を統御する自律神経が

束になってありますからそれを介して内臓もよくなる

自律神経を回復させるのですね

 

さらに脳幹部には古い精神的傷も眠っているし

大脳の側にしても活動しているときは埋もれている

古い傷や記憶や解決しないといけない混乱が眠っています

 

自立訓練法をマスターして長期にわたり継続して自律状態に入っていくと

そんな心の深いところの無意識のストレスやトラウマ的なストレスまでもが

魔法のように回復します

これを自律性解放というのですが

臨床例が多数あり、医学的に実証されています。

 

そんなに素晴らしいならなぜセラピストやカウンセラーは

使わないのかと言いますか

マスターするための場がほぼない

施術で施すのは医療機関ですから

健常者が勉強のためにというは不可です

 

効果を知る機会もほぼないし

学ぶ場もないから取り入れられていないのです

images (6)

わたしはSSI社のSSPSV2プログラムとの出会いで

アルファ波バイオフィードバックトレーニングを行い

そのプログラムの元ネタのように紹介されていた自立訓練法を

自分で学びました

アルファ波バイオフィードバックトレーニングは

8割がた自立訓練法と同じなので

効果も知っていたしアルファ波トレーニングは楽しかったし

まあ自立訓練法との幸運な出会いがあったのです

 

参考


間脳へのダイレクトのアプローチが自律訓練法の自律状態

この自律性解放は潜在意識のレベルで

間脳が回復する

それが

ヒプノセラピーの退行による回復の理屈とそっくりです

ヒプノセラピーの退行は前世までいきますが(真偽はともかくそうなっています)

これは科学的にみれば

大脳を越えて

神経の中枢のあたりを

ダイレクトに修正することで

意識の外を治癒することから

あたかもこの世ならぬ治癒に感じるのですね。

意識の外側の脳へのアプローチこそが神秘体験の正体でしょう。

そしてこれは

まさに自律訓練法の自律性解放です。

 

そして自律状態になったときの暗示のための公式言語も

ヒプノセラピーの暗示の言葉と同じ作用を及ぼします。

 

自律訓練法はマスターすればどこでもいつでも自力でできるので

ぜひともおすすめしたいメソッドなのです

ヒプノセラピーをマスターしたからいつでもどこでも自分でやる

というのはまだ実現していないようです

 

 


「自律性解放」はあなたを救います

自律状態になったとき

いろんな思いやちょっとした体の反応が自然にでてくるので

一切操作せず

他人事のように自分の心身の方法を眺めるだけで

自律性解放は起こるのです。

「脳のペース」にまかせて見守るのみ

自律性解放はもともとは

自律訓練法の副産物で

自然発生する現象ですので

自律訓練法のメニューにはありません。

標準練習をしていると自然にやってくるものとなっています。

私の経験で言うと

身体のかゆみなどがそれにあたるのですが

心の部分の解放そのものは

本人の気づかぬうちにいつの間にか

やってきていたのだなと、

ストレスがなくなったことでその存在に気づきます


自律性除反応

  • この自然現象のような自律性開放を意図的に発展させて、意識してその解放が来た時にそれを言葉にしていくのが、自律性解放の言語化です、
  • 自律性解放を意図的にするのを自律性除反応といいます。自律性除反応で見るものを言語化して録音します。のちにそれを書留め、自分の解放のパターンを見ます。こうすることで内面の知られざる葛藤の出来事が明るみにでて自分自身への対応力を高めることができるのです

ここちょっとややこしいですが

要は根深いストレスを解消する素晴らしい手段があります!!!

この方法はイメージストリーミングとしても使えるので、お伝えすることができます 

 

自分のなかの根深いストレス

自分が気づかない自分の中の問題点

これを一気に発見するのが

自律性言語化を工夫したイメージストリーミングの中の

ある方法です。

それはあなたの問題の核心に苦労なくたどり着き

苦労なく解決する方法でもあります。

 


お手伝いが必要ならご連絡を。

辻冬馬はあなたのテーマに挑戦します。


 無料メールマガジンでは5回にわたって

自律訓練法とアルファ波バイオフィードバックの内容をお伝えしています
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール