· 

タロットの大アルカナカードは人生の旅の物語です

タロットの気づきを

コーチングで実現する

タロットコーチングの辻冬馬です

迷いや悩みを解消して

本当の自分と素敵な未来に出会いたい

そんな願いを持つ人のために書いています。 


大アルカナカードの物語

タロット占いのタロットカードは
大アルカナカード22枚と小アルカナカード56枚の
合わせて78枚で構成されています。
アルカナとは秘法とか秘術とかの意味です。
大きな秘法ということで大アルカナは小アルカナよりも意味が深いとされています。
この大アルカナカードには
1から22までの番号がふられています。
そして大アルカナカードのグレートジャーニーという考え方があります。
それは
大アルカナの22枚には22個の連続としての物語があるというものです。
下の写真はわたしが普段使用しているタロットカードを1~22の順番に並べたものです。
DSC_1096.jpg
1番魔術師から始まって22番愚者に至るまでこれは人間の成長の物語なのです。
進化し、決断し、旅に出て力を得て知恵を得て、より深い考察をして、運命の輪が回り、さばきを受け忍耐し、死んで再生し、内外と天と地のバランスをとり、悪魔と塔の光が迷妄を破壊し、星の希望が現れ夜が明けて、審判が下り復活して世界が完成して
再び高い次元への旅に出る
こんな風に誕生と、男女の文化と、この世の知恵と天の知恵との出会いと、旅立ちと
苦労と死と再生の物語です。
下は私が40年前に購入した修行のためのカードです。
枠外に代表的な意味あ記載されています。
このように使うカードによって、本来の意味は一緒でも雰囲気が変わりますね
DSC_1097.jpg 

 

大アルカナカードは何番目で旅のどの位置にいるかも意味をもつ

なので何番目のカードがでたかで
あなたが今人生の旅のどこの地点にいるかがわかります。
世界のカードはいいカード、塔のカードは悪いカード
というような単純なおみくじ的なものではなくて
世界であればこれまでの旅がそろそろ終わり
その旅は完成するから素晴らしいことで
さらに高次元の旅が始まるでしょう
というようなことがカードの順番からわかるわけですし
塔のカードはそのテーマにおける旅のさなかであり
塔が登場すれば
すぐに希望としての星もやがて現れるということになるわけです。
なので
そのカードの意味
他のカードとの絡み
そのカードが何番目か?ということからの意味
など
縦横に意味が交差するのがタロットなので
その織物の意味を読み解くのはまさに奥儀なのです。

ユングはタロットカードは人間の原型を全部示していると言った

大アルカナカードはそのカードの意味ももちろんですが、何番目か?旅のどの位置にいるか?も大きな意味を伝えます。

この22枚で人間存在の原型をすべて語っているというユングの言葉もあるほど奥の深いものです。

大アルカナカードにあなたの人生について尋ねてみませんか?


無料メールマガジンでは5回にわたってタロットコーチングのご紹介をしています

 

タロットコーチングで自分を磨く
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール