· 

自律訓練法はマインドフルネス瞑想でもあります

タロットの気づきを

コーチングで実現する

タロットコーチングの辻冬馬です

迷いや悩みを解消して

本当の自分と素敵な未来に出会いたい

そんな願いを持つ人のために書いています。 


マインドフルネスは今を味わうということです

マインドフルネス瞑想」って聞いたことがありますか?

瞑想にもいろいろあって、本家本元はインダス文明の壁画にも

瞑想の様子が書かれているからインドのようですが、

そこからヨガ仏教の座禅や、欧米ではやったTAという瞑想法もあります。

今欧米ではやってるのがマインドフルネス瞑想です。

欧米では大企業の社員研修などで推奨されている例もあるのだとか。

でも実はこれは仏教思想からの逆輸入のようです。

 

マインドフルネスの奥は深くて優に一冊の本になりますが

あえて一言でいうと

「過去も未来も考えずとにかく今この時に意識を集中し

今この時を味わうというものです」

 

なので瞑想といっても

足を組んで座るだけではなくて

食べているときに味わうことも

歩くことも

何か音楽を聴くことも

マインドフルネス瞑想の一種です

 

その効能というのは

ストレス低減

集中力の向上

免疫機能の向上

思いやり、共感性の向上

などが

上げられます

 

 


自律訓練法の特徴はマインドフルネスと同じ

実はこれ

自律訓練法の効果を完全にかぶるのです。

自律訓練法はこれに加えて

精神的苦痛の緩和

自己統制力の向上

内省力の向上

イライラの解消

などがあります

そしてマインドフルネスについて書かれている諸々の状態は

ほぼそのまま自律訓練法のことです。

 

マインドフルネスを達成するのに

一日10分ほどの業をやり

4週間くらいの継続を要するということですが

これも自律訓練法とほぼ同じです

そしてマインドフルネス状態を達成した時というのは

とてもあいまいなのですが

自律訓練法をマスターしたときの

自律性状態ははっきりしています

さらにバイオフィードバック装置を使っての

アルファ波シータ波状態になるのは

バイオフィードバック装置が教えてくれるので確定的です

 

もっともたぶんどれも同じ状態なのだと思います。ヨガの瞑想法をマスターしたときの感覚、

座禅であるレベルに達した時の状態

これらはみな同じ状態を別の呼び方で呼んでいるのだと思います。

 

なのでマインドフルネスにもし関心があるときは

自律訓練法バイオフィードバックトレーニングをすればOKということになります。

辻冬馬コーチングでは

そのマスターのために

 

頭文字をとってATBTマスターコーチングを行っています。


お手伝いが必要ならご連絡を

辻冬馬はあなたのテーマに挑戦します。

 

無料メールマガジンでは5回にわたって

自律訓練法とアルファ波バイオフィードバックの内容をお伝えしています
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール