· 

タロット占いのあたる確率 恋の叶う確率/ケルト十字法の場合


タロット占いのあたる確率を計算する


今日はタロットカードの話です。

 

タロットには大アルカナ22枚小アルカナ56枚。併せて78枚あります。

一斉に順番通りに並べるとこうなります。


タロットの展開が出る確率


この78枚のカードを使って

ケルト十字法の場合は10か所に置かれますから、

ある一つの展開図が登場する確率は

 

 

78×77×76×75×74×73×・・・・・・

となります。厳密には7枚目ごとを置いていくのですがそこはまあ目をつぶって・・・・

78×の計算を続けるととんでもない確率になりますね

 

答えは

456617696981864000です。

 

読めるでしょうか?

 

45京6617兆6969億81,864,000

です。

 

つまり

ケルト十字法でそのタロットの展開が出る確率は

1 / 45京6617兆6969億81,864,000

ということになります。

 

*正逆で意味が完全に違うという占い方であれば

意味は156通りあるので計算のはじまりは

156×155×・・・・となるんじゃないでしょうか。

 

 

 


ありえないほど低い確率なのにタロットは同じ内容で出てくる


たとえば

恋愛をテーマにタロット占いをするとき

展開したタロットの形は

実に

このとんでもない確率の末に登場したものなのです。

宝くじどころの話ではありませんね。

 

つまりあたなだけ

あなたの恋のために現れたタロットの形です。

貴重ですよね。

だからいつも

心をこめて読み解いています。

 

さてこんな天文学的に

とんでもない低確率なのに

同じ人を同じテーマで占うと

同じカードが出たりします。

さすがに全部一緒にはなりませんが

肝心なところあ同じだったり

意味としては同じ内容で全部がでたりと

 

タロットには内容とその人によって

展開の傾向があるように感じられます。(個人的経験から言えばまちがいなくある、と言えます)

 

それって完全に同じではないから

1/45京6617兆6969億81,864,000

の確率ではないにしても

意味の流れが同じように出ると言うのは

おそろしく低い確率であることは間違いないでしょう。

 

そんな確率の偶然を

タロットをやってるとしょっちゅう感じます。

つまりもう偶然ではないのですね。

では何か?

潜在意識の能力の為せるわざだと思っています。

 

 もちろん潜在意識という言い方でなくて

これを

通常の意識を越える何か

と言っても構いません。

人類はそういう意識を

神、天使、精霊、妖精、先祖、宇宙人、未来人などと

呼んだりしてきました。

20世紀からは潜在意識という呼び方が登場し

一番支持を集めているように思えます(個人の感想です)

要は

自分の自我という意識を越える能力ということですね。

 

タロットカードには

カードを通して

あなた自身と占い者の

潜在意識の能力がコラボします。


そんな素晴らしい潜在意識のパワーに触れてみませんか。


参考:数字の単位


笑ってしまう参考:兆より上の単位です(*_*;

 


10の68乗  無量大数 むりょうたいすう
10の64乗  不可思議 ふかしぎ
10の60乗  那由多 なゆた
10の56乗  阿僧祇 あそうぎ
10の52乗  恒河沙 ごうがしゃ
10の48乗   ごく
10の44乗  さい
10の40乗   せい
10の36乗  潤 かん
10の32乗  こう
10の28乗   じょう
10の24乗  (予禾) じょ
10の20乗  がい


10の16乗   きょう(けい)
10の12乗  兆 ちょう

 

兆までが日常的に使われますね。

たとえば日本の国家予算は約100兆円ですが

国家予算が1京円だと、今以上にとんでもなく豊な国になりますね


本格的なタロット占いをネットでご希望の方はこちらから

メモ: * は入力必須項目です