· 

タロット占いケルト十字法は時の流れと心の流れが交差して真実を見せます


ケルト十字法は未来と心を紐解きます


タロットカードの代表的な展開法として

ケルト十字法があります。

時の流れ心の流れ十字に交錯し

そのはざまな運命の姿が垣間見えるというものです。

でもそもそも配置というタロットのシステムそのものが優れているとも言えます。

あなたが抱えるテーマについて

タロットのカードを使わずに、配置の意味に沿って10の質問に答えてみてください。

 

①その問題の本質はなんですか

②顕在意識はどう思ってますか

③潜在意識はどう思ってますか

④過去はどうでしたか

⑤近い将来どうなればいいですか

⑥その問題について心の行方はどうなっていきますか

⑦周囲や環境はどうなっていきますか

⑧それについてあなたの理想と限界はどうでしょうか

⑨最終的にどうしたいですか

⑩それをそうさせるための鍵はなんですか

 あるいは障害となっているものはなんですか

 

いかがでしょうか

この十の質問に答えるだけでも

実はかなりすっきりして、問題が明瞭となります。

またこの10の質問についてやりとりするだけで

コーチングの一種となるのでカードなしでも気づきがでます。

 

78枚のカード

つまり78通り(逆位置を考えれば156通り)の意味のカードが

10通りの意味をもつ場所に置かれていくのが

タロットカードです。

それは膨大な組み合わせであり、また組み合わせそのものに物語があり、さらにその物語の意味は人によっても変わります。

タロットの暗示はあまりにも広く深いと言えるでしょう。


ケルト十字法の事例


時の流れは

過去の隠者」から「現在の剣のページ」を経て「未来の金貨の9」に向けて進んでいきます。

心の流れは「顕在意識の愚者」と「通常意識の法皇」「潜在意識の死神」と進んで行きます。

二つの流れが交差して

右4つのカードを生み出します。

たとえば構造から行くと死神を意識して、死神によって自分の中の変えるべきものを死滅させたときに

世界が完成します。

死神による死滅を法皇の知恵で制御することが大事になりますが、この展開の中の奥儀の要は死神となります。

そんな風にタロットケルト十字法で展開したとき、その構造の要を、辻冬馬式タロットでは発見し、そのカードに思念を注ぎます。不思議なことですが、タロットの場を離れても要のカードを毎日一度でも意識していると、物事は良い方向に展開します。これはクライアントさんの実人生からのわたしの確信です。


ケルト十字法からタロットコーチングへつながります


ケルト十字法は多くの気づきを教えてくれます。

結婚への不安や期待、離婚への苦しい決断転職すべきかどうか起業がせいこうするかどうか。

自分自身への不安や自信喪失、ストレス

そういうものへの解決へ向けた気づきの暗示が、この構造の仕組みによってやってきます。

そして要のカードも出てきます。それは過去のこともあるし、文字通りキーのカードのこともあるし、潜在意識の位置のこともあります。その時々の展開によってどの位置のカードが要かは変わります。

さてそのような

せっかくの気づきを利用して

それを実現していくのがコーチングです。

辻冬馬式タロットコーチングは気づきを現実にしてあなたのテーマを解決します。


本格的なタロット占いをネットでご希望の方はこちらから