· 

自律訓練法をやれば脳幹療法も自律神経の調整もまとめてできる

脳幹療法や自律神経を整えるためのいろんな方法があります。もちろん医療行為ですから専門技術が必要ですが、一例をみると簡単な原理ながら首を温めるだけで頸椎のゆがみが改善できるというものがあります。自宅でも簡単にできるので実践した人の多くは、「よく眠れるようになった」と言います。これは、後頭部の生えぎわの下、右耳の後ろから左耳の後ろにかけての「脳幹ゾーン」に心地いい刺激を与えると、心身をリラックスさせる副交感神経が優位になるためです。

 

 副交感神経が優位になると、血流がよくなるため全身が温まり、こりや痛みが改善し、血圧も安定します。

 排尿や排便を促す作用があるので便通もよくなるほか、代謝が高まりダイエット効果も期待できます。

 そのほか、あらゆる病気には脳幹の機能低下がかかわっています。例えば、心臓病、脳梗塞、リウマチ、潰瘍性大腸炎、ひざ痛、精力減退、円形脱毛症、アレルギー疾患、糖尿病、関節の変形、骨粗鬆症……。

 これらはすべて、自律神経系、免疫系、内分泌系、脊髄・筋肉系の四つのしくみが乱れることによって起こる病気です。

 

 首を温めて脳幹を活性化し、四つの機能を正常化させることは、あらゆる病気の改善につながるといえるでしょう。

 

自律訓練法は、自らの働きかけによってこれと同じ効果を行えるメソッドであるとも言えるのです。