· 

スマホが導くイメージストリミーミング

スマホの技術がイメージストリーミングの可能性を開いた

 

イメージストリミーミングは90年代から2000年代には

勝間和代さんが紹介するなど日本でも

一定のブームもあったのですが、現在ではほとんど話題に上らなくなりました。

思えば実行に当時はハードルが高かったのです。

それはイメージストリミーミングの原則が原因だったと思っています。

 

〈イメージ・ストリーミングの三つの原則>

 

1.頭の中に浮かんだイメージは、大きな声で、ほかの人、あるいはボイスレコーダーに向かって説明しなければならない。小さな声では、効果がない。

 

2.説明をするときには、体中の全五感を使わなければならない。

 

3.説明は、すべて現在形で話さなければならない。

 

この1の録音、1990年代の本にはカセットテープに吹き込むとなっていたので

なかなかそんな道具を用意するのが面倒でしたし、

ボイスレコーダーもそれをわざわざ持っている人しか持っていません。

 

しかし現在はスマホの時代、

無料アプリでボイスレコーダーをすべての人がいつでも使えるようになったのです。

ようやくイメージストリーミングを多くの人が実行できる環境が整ったわけです。

(スマホは365日24時間手元におく唯一の機械かもしれません)

 

さらにグーグルドキュメントのように音声入力により、

音声が自動的に文字化されるものもあります。

そうなるとイメージストリーミングで話した内容がそのまま

文章として読めるようになったわけです。

じっくりと解釈ができるようになりました。

まさに技術の進歩がイメージストリーミングを身近なものにしたのです。

 

その上でもともとのイメージストリーミングは

20分から40分というかなり長い時間を想定したプログラムでした。

そんなに長い時間イメージを語るのは、

相当にマスターしてこないとやはり無理です。

やり始めの頃はなかなかそこまでの時間をとらないし、その長時間集中も持ちません。

そこで気軽に短時間に、コンパクトにして

一定の方法のもとでイメージを引き出すように工夫したのが辻冬馬式イメージストリミーミング➡イメージロードです。

イメージがストリーム(奔流となる)するとき

そのロード(通り道)を用意するわけです。

 

ニューイメージストリーミングは意識の通り道を用意する

「イメージロードメソッド」として手軽に活用できるようになりました。