人格変換を催眠術を使わずに自分で起こす:モデルイメージ法の素晴らしい効果

潜在意識のパワーをもう一人の自分に擬人化して味わう手法です

望みをかなえた自分

目標のゴールにたどり着いている自分

素晴らしい能力を発揮している自分

そんな自分がこの宇宙の時空のどこかにはいるかもしれませんし

あなたの中に潜在能力として眠っているかもしれません

 

そんな自分にあって

そんな自分のパワーとエネルギーをそのまま使いこなすメソッドです


モデルイメージ法のトレーニングの手順です


  • 希望する技能・力を選ぶ

  • モデルを決定

  • 場所を決定

  • 30秒後にタイマー設定

  • タイマーがなったらモデルとしての自分(モデルI)が登場

  • モデルIが好意を持ってくれたことを確認

  • モデルIとの合体の儀式を通して合体する

  • モデルIのパワーを内面に感じるれば合体の成功

  • モデルIの知恵とエネルギーを呼び起こし受け取る

  • モデルIとの合体の解除の儀式を行う

  • 分離したあと、モデルIにお礼を言って、今後はいつでも合体できるよう簡単な言葉や動作などを合意の上決めて終了する。



 


モデルイメージ法の手順の解説です


解説

  1. モデルIと会いたい場所でイメージストリーミングを開始する。場所は変化してもかまわない。

もう一人の自分と会うので全く異次元のパラレルワールド的な場所に移動すると、イメージ展開に効果がある。

宇宙船やタイムマシンなどイメージしやすいものに乗って行く。あるいはスターゲイトやどこでもドアのようなものを使ったり、穴や壁の向こうや、何かの境を越えて異世界に行くイメージをする。

  1. 最初はタイマーを30秒くらいにセットしておき、タイマーがなったら登場させると良い。慣れてきたら自分のフィーリングで感じた時点でその人を登場させれば良い。

  2. 登場したらモデルIが自分に好意を持ち、大事に思ってくれていることを感じること。そんな感覚にならなければうまくいかないのでその設定は丁寧に行う。どうしてもだめなら、一度やめて別の場所に行ってモデルIと会うようにする。

  3. しばらくその感覚を味わうとモデルIとの一体感が生まれて来るので、そうなったら合体の手順に入る。

 

 


モデルIとの合体方法と手順


合体は2通りあります。

 

自分の感性に合う方にしましょう。最初はどちらが合うかわからないので両方試すといいでしょう。

 

1.モデルが自分に乗り移って来る

 自分の奥底にモデルIのパワー、エネルギーを感じるようにします。

いったんそれらを感じると、安定してその感覚を味わえるようになりますので、その感覚を覚えておき、いつでもそのパワー、エネルギーにアクセスできるように条件づけしましょう。

そしてそのパワーを感じると、モデルの知恵が自分の中から沸き起こって来るような感覚が生まれてきます。その知恵をどんどん語って行って記録しましょう。

 

2.自分がモデルに乗り移る

 相手の内部に入ると自分の自意識がそのまま残っています。そのままだと何も変化を感じません。乗り移った後は、自分の外側に広く相手の大きな存在を感じるようにしてください。そして、相手の動きに自分が引っ張られるようについていく感覚を味わってください。やがて日常の中でも外側のその人の存在があなたを引っ張って行動してくれるようになります。



合体の儀式・解除の儀式

目の前にモデルがいます。ここから先は自分のフィーリングに一番あう何かを自分で探してください。例をいくつかあげます。

合体

  • 首を外してかぶる。

  • ジャンプしてからだの中に入り込む

  • ゆくりと歩きながら体に入っていく

  • 目の前にトンネルを作りモデルの奥底に向かってトンネルを進んでいく

  • ふわふわ浮き上がりふわふわと内部に入っていく

  • 念じて瞬間移動する

解除は上記を逆にします。