自律性状態のとき潜在意識にアクセスしている

手足の重感、温感などの
り血圧が適正値になるなどの現象については

こんな解釈がされています。
本来コントロールできない不随神経を
コントロールできるようになると
その他の血圧や内臓の機能などの不随意神経系も
コントロールできるようになる。
つまり自律訓練法で
重感や温感、心臓の鼓動やお腹の温感などの
不随神経のどれか一つにでもアクセスするときは、不随神経系全体にアクセスしている
と考えることができるわけです。
つまり潜在意識全体にアクセスしているとも言えるのではないか?
そう思います。