体験記:私が自律訓練法を習得するまで

自律訓練法について学びはじめたきっかけは、当時使っていたα波バイオフィードバック装置を使って、アルファ波バイオフィードバックトレーニングを行っていたところ、これは自律訓練法と同じことをしているという記事を読んだことでした。 

そもそも仕事で親しくなった方が偶然にも日本自律訓練学会に席を置く人で、その方の影響で自律訓練法自体もいろいろ教えていただいので、改めて自律訓練法を練習しようと思った次第です。 

まず理論武装としてDVDを見ました 

 

f:id:anisaku:20190211111942j:plain

f:id:anisaku:20190211111955j:plain


専門の医師の方の間違いない説明ですが、
ご本人が慣れない語り口調でお話されるので、

よほど興味がないと退屈に感じるかもしれません。

でもDVDを出されている同じ佐々木先生のこの本は面白い。

 

f:id:anisaku:20190211114316j:plain

今はごまブックスはもうありませんが、

自律訓練法について書かれた本の中で一番面白いのではないかと個人的には思います。

より専門的には同じく佐々木先生の

f:id:anisaku:20190211114433j:plain

これですね。

これを読むとほぼすべてがわかりますが、こちらはよほど興味がないと難しいかもしれません。

とにかく標準練習をやってみた。

 理論武装が済んだら書いてる通りにやってみました。

①安静にする

②重感練習

③温感練習

ここまでは実はアルファ波バイオフィードバックの練習もまったく同じことをやっていたので練習すら不要でした

続いて

④心臓の鼓動を感じる

これははじめてでしたが、あっさりそのままできました

⑤腹部温感練習

これもはじめてでしたが同じくそのままクリア

⑥額の涼感練習

これはアルファ波バイオフィードバックのメニューにはなかったけど

やってるといつのまにか身に着けていたのでクリアもなにも体験済でした。

 

結局アルファ波状態と自律性状態というのはほぼ同じで、

練習やトレーニングの方法もほぼ丸かぶりだったのです。

このような事情で

アルファ波バイオフィードバックでアルファ波コントロールができる状態だと、

自律訓練法標準練習は自動的にクリアされるというわけです。

 

個人的な実感ですが理論武装は重要でした。

  • やはりなんのためにやるのか?
  • どんな仕組みでこんな風な生理的状態になっているのか?

これを知っていることがマスターの強力なエンジンになりました。

 

瞑想との関係

マインドフルネス瞑想やヨガの瞑想の効果としてこんなことが紹介されています。

瞑想で到達する状態が書かれています。

  • 瞑想とは心が空っぽになるくらいに研ぎ澄まされた集中状態のこと
  • 心のざわめきがなくネガティブな感情に煩わされない
  • 今向かうべき一点に向かって一筋に精神エネルギーを導くことができる状態
  • 嫌なことから気持ちをリセットさせてくれる
  • 免疫力が高まり健康が促進される

このような効果はアルファ波状態と自律性状態とやはりほぼ丸被りです。

以下の自律訓練法の効果と言われるものは

アルファ波バイオフィードバックの効果でもありマインドフルネス瞑想やヨガの瞑想の効果でもあると思われます。

  • 蓄積された疲労の回復が得られる
  • イライラせず穏やかになる
  • 自己統制力が増し衝動的行動が少なくなる
  • 仕事や勉強の能率が上がる
  • 身体的・精神的な痛みが緩和される
  • 内省力がつき自己向上性がます
  • 自律性解放が起こる
  • 心疾患治療のための心身の様々な動きがある(ぼくは医師ではないのでこの辺りは扱わずにやっています)

自律訓練法のいいところは、そうなっている生理的現象がなぜなのか?

医学的裏付けがあることでしょうか。

そして各ステップをマスターするという明確な手順があり

到達したかどうかも明確にわかるこです。

アルファ波バイオフィードバックのいいろころは、

その状態になっているのが生理的実感以外に装置からの音でわかることです。

 

したがって自律訓練法アルファ波バイオフィードバックトレーニングという

二つのスキルの融合こそが王道なのだと

私は思った次第です。