自律性解放の不思議

自律訓練を行っているときに起こる身体の反応の中で

訓練と無関係に起こるものがあります。

多くはチクチクする、ひくつく、何か嫌なことを思い出す、昔の思い出を考えてしまうなどの心身の反応です。

  • 感覚反応 
  • 運動反応 
  • 思い浮かぶこと 
  • 幻覚 
  • 心臓のどきどき 
  • なかのごろごろ
  • などの自律神経の影響 
  • 過去の思い出が浮かぶ 
  • 空想的イメージ 
  • 感情興奮が起こる 
  • 脳的・間脳的・脳幹部的反応たち 

これらが発生するのは

自律訓練の副産物として当たり前の出来事です。

(ただし副作用的反応と誤った練習法、特異反応と非特異反応を除きます)

これは内部にたまった抑圧が無意識的に開放されるプロセスだということがわかっています。

自然にでてくるので一切操作せず他人事のように見るようにします。

「脳のペース」にまかせて見守るのみです。

 

私たちの脳は「中心脳保安解放系」のようなものが稼働していると思われるのです。

この解放は完全に意識下で行われるので何がどう解放されたかも本人にはわかりません。

しかし自律訓練をするプロセスでこのような解放が起こっています。

脳幹部のストレスを解放しリラックスさせることで

脳幹部から大脳に良い働きかけが行われているようなのですが、

その機序は解明はされていません、

しかし多くの臨床例からその現象は確認されています。

そしてこの自律性開放を積極的に引き出そうとする方法が自律性除反応です

 

それをさらに発展させて、自律性解放の言語化イメージロードの方法でもある   

自律性除反応で見るものを言語化して録音します。のちにそれを書留め、自分の解放   のパターンを見ます。

見えるもの感じるもの思い出すこと思い付くこと

私の脳はわたしに何を伝えようとしているのか

などが読み解けて来ます。


自律性解放でストレスが自然に消えていく


 

自律訓練法によって心身が自律状態に入るとにわかに信じがたい現象も起こります。

そのひとつが自律性解放と言われるものです。

 

例えば強いストレスがかかる状況の中にいるとします。

仕事で追い込まれていたり、とても多忙であったりくたびれてしまって頭が働かないような状況です。

その時に自律訓練法により自律状態に入ることができるようになっていればどうでしょうか。

なんと疲れは噓のように取れるのです。

もちろん、問題そのものが消えることはありませんから、自律状態から通常の状態に戻れば問題は戻ってくるのですが、自律状態中には消えています。そしてまた、戻った時には問題の捉え方も変わっているのです。そしてニュートラルになった頭で問題に取り組むことができるのです。

つまりストレスを解消ではなくて、中和してしまう効果があります。

 

自分は特にストレスの影響を受けやすいと思っている方、運動をしたり映画を見たりのきばらしでは全くストレスから逃げられない方には、是非ともおススメです。

 


怒りや後悔のネガティブな感情を消すこともできる

 

あいつだけは許せないとか
彼のしたあのことだけは許せないとか
リアルに思い出すとそのときの感情が再現されるので
たまったものではありませんね。
また あーあれだけは失敗したというくよくよ気分は
ねちねちとずっと心に語り掛けてきます
失敗したなあーみたいな感じで。
 
考え方を変えたら消えますとよく言われますが
それは胃がなければ胃潰瘍にはなりませんと
言ってるようなもので
役にたちません。
 
実は頭で考えても消えません。
でもリラックスするだけで消えることがあります。
 
もちろん深呼吸したり
ちょっとだけ瞑想したり
静かな音楽を聴いたり
森を散歩したりしたくらいでは
少し減っても消えません。
 
自律訓練法の標準練習をマスターして
日々自律状態に入ると
間脳に沸き起こる怒りやネガティブからの
脳からの非常事態宣言が取り消されます。
そうすると回復へのフィードバックが脳と身体の間で行われますので
全く無自覚なまま いろんな問題が自然消滅します
 

 

これを自律性解放といいます。