タロットカード78枚の種類と内容をご説明します

タロットカードのカードの種類などを説明しています

タロットカードの種類


大アルカナカード  22枚

 

小アルカナカード  56枚

4種類のスート

 棒  ワンド  火のエレメント  エネルギーを示す

 聖杯 カップ  水のエレメント  感情や愛情を示す

 金貨 ペンタクル 地のエレメント お金、この世の物質を示す

 剣  ソード  風のエレメント  力と勇気、試練を示す

 

 それぞれがエースから10までの数字があり

 その上は宮廷カード(コートカード)が4枚づづあります。

つまり14枚のカードが4種類あるわけです。

トランプは13枚だから一枚多いですね。

それは宮廷カードが ナイト クィーン キングのトランプに対して

ページ ナイト クィーン キングとなっていて ページの分が多いからです。


小アルカナカードの醍醐味


普通、タロットカードについて書かれているものの多くは、大アルカナ22枚について詳しく説明がされています。

でも、大アルカナだけでの占いは相当な熟練者でないとできないし、それができても、日常レベルの言葉では表現が難しいものがほとんどです。

その点、小アルカナカードは生活や仕事についてダイレクトに語ってくれます。

56枚もあるので一枚づづ説明していると誰も読まないというしろものでもあり、世に小アルカナに関心を持つ本がほとんどない状態です。

でも小アルカナこそは日常の細かなところまでカバーするカードなのです。

 

そんなわけでここでは小アルカナについて少し話してみたいと思います。


聖杯 カップ


聖杯は感情や愛情を示します。水のエレメントです。

 

恋愛占いや結婚占いや復縁占いに

聖杯のカードが登場したら嬉しいものです

エースは特にこの聖杯14枚が生み出された瞬間の姿です。

愛情という水が溢れかえるカードです。


棒 ワンド


棒はエネルギーや創造性を示します。火のエレメントです。

仕事や勉強などをテーマに棒が出てきたらそれをやるためのエネルギーがあるということです。

または今、そんな気力がなくてもそれは与えられるということですね。

棒のエースは神が与えるエネルギーのほとばしりのようなものです。


剣 ソード


剣は人生の試練、それに対しての力と勇気を示します。風のエレメントです。

剣のスートは人生で起こるストレスや不安や行き詰まりなどを示していきますが

それを解決するためにはどうするのかということも暗示されています。

剣のエースは知性と勇気の獲得により人生がはじまることを示します。


金貨 ペンタクル


金貨はこの世の富や内在する能力などを示します。地のエレメントです。

この世の物質は地から生まれます。金属も穀物も木々も草花も力生まれます。水も地下にあって、井戸で掘り、山奥で源流となって姿を現します。

地の中には物質的なものが在り、また精神の地中にはまだ見ぬ能力が眠っています。

金貨のエースは確かなものの獲得の証です。


宮廷courtカードについて説明します


タロットカードとトランプはとても似ています。

エースからキングまでの13枚がトランプ。

エースからキングまでの14枚がタロットの小アルカナカード。

 

タロットが一枚多いのは

宮廷カードがトランプ3枚に対して4枚だからです。

 

ページ➡ナイト➡クィーン➡キング

ですね。ページが一枚多いのですね。

 

それぞれどんな意味合いがあるか見ていきましょう。

ページ 始まったばかりのことを示します。物事の始まりです

 

ナイト 物事を進めさせるものです。エースのようなカードです

 

クィーン そのスートの特性の女性的な完成

 

キング  そのスートの特性の男性的な完成

以下工事中です