コーチングの仕組みを知るとコーチングを受けたくなるものです

コーチングの「 傾聴術 」は ただ聞くだけなのにクライアントさんを癒してしまう

1.誰かと対話(おしゃべり)していたらいろんなことに気づくことってありませんか?

自問自答さえできれば、人は正しく自分を見つめることができます。

でも自問自答にはいろんな邪魔が入ります。心配、憶測、優柔不断、何かを考えようと思ってもすぐにあれこれ雑念も入ります。

コーチに語ることによって、実はこの自問自答が正しく行われるのです。

誰かと会話すること、対話すること、おしゃべりすることも、頭の中では自問自答しています。

 

コーチからの質問を考えることによって、そしてそれについて話すことによって、普段は意識の表面には出てこなかったいろんな考えにも気づくのです。

 

自問自答を促進するブースター、それがコーチングと言えます。

コーチングでの傾聴の魔法の力

2.傾聴の魔力は 人を癒し 人を変える

コーチにとってコーチングをするときに一番重要なものの一つが傾聴です。

内的傾聴➡集中的傾聴➡全方位的傾聴へと進化していきます。

内的傾聴は聴くほうが自分の心の動きに囚われています

集中的傾聴は聴く方が相手の発現や態度に集中しています

全方位的傾聴は、その場のすべてに意識を払いながら聴いていきます

 

この傾聴の威力を示すものとして、私はよくヘルマン・ヘッセの小説『シッダールタ』の一節を紹介しています。

 

「この傾聴者(聞いてくれる人)に自分の心の傷を示すのは、傷を川にひたし川と一つにするのと同じことだ」

 

「シッダールタは思った、自分の話を傾聴しているのはもはや人間ではない、身動きもせずに傾聴しているこの人は、木が雨を吸い込むように自分の悲しみと後悔を吸い込んでいる。身動きもせぬこの人は川そのものであり、神そのものであり、永遠そのものであった・・・」

 

「彼は傾聴者になりきり傾聴に没頭していた」

 

傾聴というのはしゃべる側にとって大いなる癒しになる、しゃべるだけで癒されるということなのであり、加えてしゃべるうちに多くの気づきを得るものである、そのようにヘッセも書いているわけです。

 

自然の中に行って、川のせせらぎを聞いたり海にいって波の寄せては返すさまをただ眺めていたりすると、自然は何も語らないのに、人は多くの癒しと気づきを得ることができます。

コーチってそういう存在でもあるんです。