創始者ウェンガー博士以降の研究

イメージストリミーミングをインターネットで検索しても、

日本語の記事で体系化してまとまったものはほぼありません。

まとまった説明をしている記事の9割は私の記事です(笑)

 

ところが英語だと事情が変わります。英語だと結構しっかりした説明があります。中には学術的にその機序を説明しているものもあったりで驚きです。

 

マーク・アシュトン・スミス博士という人がいます。

認知心理学と神経科学の共同博士号を持つ認知科学者で、 英国ケンブリッジ大学で研究。

IQマインドウェアでは、IQ、実行機能、回復力、感情調整、および脳の健康を改善するための脳トレーニングを開発研究しています。

 

そのスミス博士のイメージストリーミングの見解。

イメージストリーミングは、目を閉じてリラックスして、自発的に「頭の上から」降って来るようなイメージをそれが何であれ、とにかく声に出して説明していきます。 イメージがイメージを生み、また無関係なイメージが現れこれを繰り返します。 

このような仕組みは、認知神経科学における2つの有名な構成要素の組み合わせと言えるでしょう。 

  • mind-wandering (spontaneous thought)人はいつも物思いをしている。あっちにふらふらこっちにふらふらと思考はさ迷い歩く。待ち時間や車を運転しているとき、電車やバスに乗ってるとき、お風呂に入っているときなど、ぼんやりとあれこれ考えたり、向こうから考えが来ること。有名な発見などはいろんな物思いの途中に突然着想が生まれています。エピソードとして、アルキメデスの比重の発見、エウレカ!やニュートンが林檎が落ちるのを見て引力を発見したことなど。
  • meta-awarenessメタ意識 (自分の考えの自己認識)。

 

 さらにイメージストリーミングは、認知神経科学の観点からすると、一種のマインドフルネス瞑想だというのです。

つまり

マインドワンダリングで登場するイメージを使って

マインドフルネス瞑想をしていると言えるのです。

 

大発見につながるぼんやりとした物思いは実は無意識からのメッセージであり、

それゆえ大発見をする。

そんな無意識からのメッセージはマインドワンダリングの中にいつもある。

その中の一つを言葉にすることで、

それをつかまえ

それによって今に集中するマインドフルネス状態になる。