マインドワンダリングの中からマインドフルネス状態を作り出すイメージストリーミング


イメージストリーミングにはマインドフルネス瞑想の原理が入っています。

 

近年研究が盛んになったマインドワンダリング(雑念による物思い)や

メタアウェアネス(高次の意識)などで、

イメージをキャッチングしていきます。

マインドワンダリングとして放出されるイメージを

言葉でキャッチして、

そのイメージの世界に集中して

マインドフルネス状態を作る

 

それがイメージストリーミングです。

 

つまり

マインドワンダリングマインドフルネスする

ようするに

雑念を捕まえて雑念の中に入り込み

マインドフルネス状態になるのです。

 

ちょっとわかりにくいでしょうか

 

要するに

ぼんやりしてたらいろんな物思いが湧いてきます

それは瞑想するには邪魔なものとされています

でも

実は理由なく湧いてくる物思いはない、雑念は真実の入り口です

雑念や物思いは潜在意識の思考へのアクセス方法です。

 

するとどうなるのか

あえて雑念を捕まえて

その中にどっぷりとつかるのですね

その際大事なことは頭で考えないこと

雑念が展開するにまかせて言葉に置き換えていく

すると雑念はただしい思考に私たちの意識を連れて行ってくれる

 

雑念を利用してそれに集中して真実を見る

雑念でマインドフルネスするという逆説めいたことが

実はとても効果的に脳に働きかけるのです。

マインドフルネスをする雑念たち