イメージストリーミングの基本

イメージストリーミングの基本はいたってシンプルです。

目を閉じて見えてくるイメージを言葉にするだけ。

ですが、

人は一般的にイメージを言葉にすることに慣れていませんから最初は難しく感じます。

ただ、普段やらないことをしながらだと以外と効果があったりします。

たとえば、スマホのボイスレコーダーに録音しながら話してみる、たとえば誰かに話してみる

こういうことをするだけでイメージを言葉に変えることに成功するものです。

ただやっぱり最初のうちはこつこつ練習するしかありません。

ですが1分ほどの録音ならやってみると意外と楽しくできます。

遊びのつもりで多少違っていてもとにかく音声にして頭の中を言語化していきます。

 

ウェンガー博士の本、アインシュタインファクターの中では、ここでいきなり20分以上も語るように勧めていますが

それは大変なことでした。たぶん普通の人はできません。1分で十分だし10秒でも十分です。毎日続けることです。

 

イメージを開始するときに

  • 「はい」
  • 「さあ行こう」
  • 何か音のなるものを鳴らす

 

など、合図を作ると効果的です。

この時Googleドキュメントの音声入力を使うと

しゃべったことがそのまま文字になり、

あとで読めるのでとても便利です。

文字になった音声を読んでじっくり解釈できます。    

 

構造こそ重要 

イメージの中でもつ感想や意見も重要ですが

なにより重要なのはその登場する映像そのものです。

または聞こえるもの、または触った感触など五感で感じるその世界そのものです。

その世界がメッセージを持っていると言えます。

イメージは常に放射されているので、

ある瞬間それを捕まえてそれにそってイメージ展開すれば、

テーマに向かってイメージが流れる、つまり聞きたいテーマに対して無意識が回答を送ってくる、

そういう流れができているようです。

この流れを感じると、

イメージストリーミングの威力のすさまじさに驚きます。

人は自分の中で神託を聴くことができるということなのです。

ただ神託はイメージで来るからそれをうまく取り出し

的確な解釈を行うことが必要になります。

解釈は一見難しそうですが、

やっているうちに、もうこの解釈しかないという直感が明らかに形成されてきます。

つまり無意識と意識のつながりが強くなっていくのです。

 

解釈  

解釈も書いてみるといいでしょう。そして登場人物や登場した背景、場所、モノ、動物などに問いかけます。

なぜ登場したのですか?何を伝えないのですか?次はどこに行くのですか?など。 

映像の中に数々のシンボルが混ざっています。 

じっくり解釈を考えますが発見はその時間内にできることもありますが、最初の頃は重要な発見は翌日から1週間以内にかけて気づくことが多数です。


イメージストリーミングチェックリスト

イメージストリーミングはひとつの技法ですから、一定の手順に沿ってやらないとマスターできません。

しかし世の中にイメージストリーミングマスターのための手順書はありません。

そこで私はそれを作ったのです。

ここでは基本中の基本として 練習の際の注意点を列挙してみます

 

 

 

 

 

・自分の思考や感想ばかりを述べていないか? 

 

・視覚的なものになっているか?

 
 

 

 

・匂いや温度など触覚や五感が入っているのは可 

 

・同じ景色ばかりでかまわない。

 
 

 

 

・次々に景色が変わってもかまわない 

 

 

 

・自然に一番フィットする世界にたどり着く 

 

 

・その世界で動きがあるからそれを見る

 
 

 

・同じ動きでかまわない。やがて違う動きがある

 

 

・ささいなぼんやりとしたイメージをあえて言葉にする
 

 

・イメージを言葉にするとその言葉が次のイメージを作る

 


イメージの感想や印象は言わないこと

一番気を付けるべきこと

やりはじめの時に一番むずかしいのが

自分の感想を言わないことです

イメージを語るとどうしても感想や印象だけに

なりがちです

 

 

あくまで見えるものを言うのが大事

 

それとの展開同様

突拍子もなく次々に場面が変わることもあるけど

それはそういうものと割り切る

イメージというのはそういうものです

 

イメージで連想するだけで今この時にわたしの頭の中では

以下のイメージの連鎖が起こりました

 

  1. イメージという言葉があって
  2. テレビ
  3. チャンネル
  4. 4の数字とアインシュタイン
  5. 宇宙船
  6. SF映画の戦闘シーン
  7. そして機関銃を持ち込めば西部劇の世界では敵なし 
  8. サボテンとインデアンと深い森 
  9. 森から平地に出たインデアン 
  10. 深い森の巨大な古い樹木には精霊が住む 
  11. それを守るためにアメリカインデアンがいた 
  12. 霧の中の樹木の大きな枝に熊が寝そべる

 

こんなふうに次々に見て行き

それらを言葉にするのがイメージストリーミングなのです


メールマガジン登録でイメージストリーミング教本を無料プレゼント


イメージストリーミングの実践基礎をご紹介する無料メールマガジン登録フォームです

 

イメージストリーミング実践紹介
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

※ワンクリックでいつでも解除可能です。
※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。