イメージストリーミングの効果


イメージストリミーミングは無意識が出すアトランダムなイメージを敢えて言葉にする技法です。

それを録音しておいてその イメージを解釈していくことが

 

新鮮な気づきをもたらします。
それは気づきというレベルを越えて
自分以外のものからのメッセージに感じますが
間違いなく脳の働きです。
ひとたびこの感覚を体験すると生涯
イメージストリーミングとは離れられなくなります。

そしてこれは直感を磨くのに最適な方法でもあります。

 

イメージストリーミングの効果を以下に列挙してみます

 

①普段使わない頭の筋肉を使うことで頭が活性化する

 

右脳のイメージを左脳で言葉にすることを頻繁にやると

脳がとても活性化します。

日本の右脳研究の第一人者の一人で著書も多数の品川教授も

右脳訓練のためには 

右脳で見た絵を左脳で言葉にすることが一番

と書かれていましたがこれはまさにイメージストリーミングです

 

② ①の続きの効果として頭の回転が速くなる

最終的には右脳のイメージを左脳で瞬時に解釈できるようになる。

 

③イメージという無意識=潜在意識の知恵を言葉にして利用できる

 

④繰り返し行うことでより潜在意識のメッセージや今の傾向がわかるようになる

 

⑤実際の体験であるかのように鮮明に記憶されるので

 イメージ体験自体が現実の体験と同様の影響を与える

 

⑥繰り返し行うことでイメージの言語化が早くなる。

 つまり右脳と左脳の繋がりが密になります。 

 また、いつでも何に対してでもイメージストリーミングを使えるようになるので

 いつでも物事の本質を読むことができるようになる。

 

⑦多くの場合、それはあっ!そうか!の驚きを生み出します。必要なことが何か明瞭にわかる。

 

いずれにしても思考方法がバージョンアップすることを体験していきます。