イメージストリーミングは潜在意識の叡智に簡単にアクセスできるちょっと変わったイメージトレーニングです

  • イメージストリーミングとは何か?知りたい方のためにたっぷりと解説しています。
  • イメージストリーミングをマスターしたい!学びたい方のためにレッスンをご用意しています。 

アメリカで生まれたイメージストリーミング

 

1970年代、アメリカのウィン・ウェンガー博士は、人間の脳を如何に活性化させるか、についての研究をしていました。
アインシュタインの天才は生まれつきなのか?後天的に発達したものなのか?
博士は謎解きに挑みました。
そして先天的要素はあるにしても、アインシュタインの行動などからそれは生まれたあとの、習慣や努力によって獲得した才能であるとの結論に至りました。
するとアインシュタインをアインシュタインに至らしめた要素とはなんなのか?
天才を天才足らしめているのはなんなのか?
これをウェンガー博士アインシュタインファクターと名付けて、
誰でもその人自身にとってのアインシュタインファクターがあるはずだと考えました。
それを見つけて、発展させるメソッドとして イメージストリーミングが開発されました。

225px-Einstein1921_by_F_Schmutzer_2.jpg

関連情報

創始者ウィン・ウェンガー博士以降の研究


天才の秘密:アインシュタインファクターとは?

 

アインシュタインファクター開発のメソッドの一つとして、イメージストリーミングを開発したのでした。
ウェンガー博士は、アインシュタインやファラデーやレオナルド・ダ・ヴィンチが病的なメモだったことから逆算して、
人は自分の思考をメモに記録し、それを読み返すというフィードバックをすると
頭脳が飛躍的に発展するということを発見しました。
さらにメモによる思考を元に考えを重ね、さらにそれをメモし、さらに思考しまたメモをして、
というフィードバックのスパイラルにより偉大な発明や発見も行われたとしています。
 
しかし紙に書くという記録方法では、「思い浮かぶ」ことと「書くこと」との間にタイムラグが生じてしまうので、その間に意識的な編集が行われ、最初の思い付きが純粋な形では残らないことから、よりダイレクトにメモを取る方法として言葉をそのまま録音するという方法を取りました。
 

イメージを言葉に変えていき、その言葉を聞き返す、そんな単純なことが、潜在意識へのアクセス方法だったのです

 

関連情報

イメージストリーミングの基本

イメージストリーミングの効果

イメージストリーミングの種類

4.マインドフルネスとイメージストリーミング

イメージストリーミングはイメージが奔流となって流れ出します

イメージストリーミングの実践基礎をご紹介する無料メールマガジン登録フォームです

登録いただくと「イメージキャッチングトレーニング教本 基礎編」をダウンロードできます

 

イメージストリーミング実践紹介
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

※ワンクリックでいつでも解除可能です。
※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。



やってみてわかった潜在能力を引出す驚きの効果

私は1990年代にイメージストリーミングと出会い、その原理に大いに納得して自分でやってみました。

ふって湧いたようなイメージを、敢えて言葉にするのは最初はたいへんでした。ジョギングをはじめたばかりの体が走れないように、イメージの言語化というのは、最初とても大変に思ったのです。それでもどうにか言葉にしたものを録音してあとで聴くと驚くべきことにそのテーマについての答えや暗示を自分があっさりと話していました。

イメージを言語化している最中にはなんの自覚もなくとにかく一生懸命に言葉にしているだけなのですが聞き直すと、はっきりと的確なことを語っているのです。そして本には書かれていないこと、ウェンガー博士が想定していなかった効果なども体験から発見して行きました。   
関連情報

イメージストリミーミングにご関心があればまずはお話してみませんか?