アルファ波バイオフィードバックと自律訓練法との連携


 

 

自律訓練法とバイオフィーバックの併用は大きな効果があります。

 

自律訓練法は生理的変化を引き起こすことに 優れ,

バイオフィードバックは生じた生理的反応を確認することに優れています。

 

自律訓練法によって生じる心理・生理的変化は

バイオフィードバックが目指す変化と根本的には同じなのです。

ですからバイオフィードバックを行うときに、

単にアルファ波を出して終わりではなく、

自律訓練法のように(場合によっては自律訓練法の)ステップを踏んで

定型化したトレーニングを行うことが

深いリラクゼーションにたどり着く効率的な方法です。

 

違いとしては自律訓練法は装置が不要で

バイオフィードバックはまずは装置がなければはじまりません。

しかしバイオフィードバックもトレーニングを重ねて最終的にはは、

装置なしで装置を使用したのと同じリラクゼーション状態になれるようになることです。

 

アルファ波が出せるようになると

自律訓練法標準練習をほぼ自動的にマスターすることができます。

アルファ波トレーニングの方がフィードバックがあって楽しいので

自律訓練法標準練習との併用は楽しいと思います。